ページTOPへ

腸内細菌研究者がお届けする『腸』役立つ健康メソッド

小学生以降の子供の便秘:原因と対策

小学生以降の子供の便秘:原因と対策

便秘で悩む人は「男性より女性に多い」「若者より高齢者に多い」という傾向があります。しかし、だからといって子供が便秘にならないというわけではありません。子供でも便秘に悩むことはあります。

 

子供の便秘については、「乳児期」「幼児期」「小学生以降」に分けて考えるとわかりやすいです。

 

そのなかで今回は「小学生以降の便秘」に焦点を当てて話を進めていきます。便秘の原因は基本的に大人と同じですが、子供ならではの事情もあります。子供が便秘になる理由を大人である私たちもしっかりと理解し、便秘解消の手助けができるようになっておきましょう。

 

小学生以降の便秘の3大原因

小学生以降の子供が便秘になってしまう主な原因は「便意の我慢」「偏った食生活」「不規則な生活」です。

 

これらは大人の便秘の原因でもありますが、上述のとおり、子ども特有の事情もあります。それぞれの項目について順に解説していきます。

 

便意の我慢

「便意を感じても我慢してトイレに行かない」ということを繰り返していると、そのうち脳は便意そのものを感じなくなってしまいます。そして結果的に排便習慣がなくなり便秘になってしまうのです。このような便秘は専門用語で「直腸性便秘」といいます。

 

小学生以降の便秘には、この直腸性便秘が多いです。そして、子供が便意を我慢してしまう大きな理由として「@ 学校では恥ずかしくてうんちできない」「A 朝、トイレに行く時間がない」の2つがあります。

 

便意を我慢する理由@:学校では恥ずかしくてうんちできない

トイレの設備メーカーであるTOTO株式会社が、小学生988人(男の子429人、女の子559人)を対象に行ったアンケート結果の一部を簡単に紹介します。

Q. 学校でうんちをしますか?

 

  • 男の子の回答:177人の男の子が「できるだけしない」もしくは「絶対しない」と答えました。これは男の子全体の41.3%に当たります。
  •  

  • 女の子の回答:190人の女の子が「できるだけしない」もしくは「絶対しない」と答えました。これは女の子全体の34%に当たります。

このアンケート結果からわかるとおり、子供は学校で便意を我慢する傾向にあります。

 

特に、男の子は女の子以上に我慢します。実際、私が小中学生の頃もほとんど学校でうんちはしませんでした。

 

男の子の場合、「トイレの個室に入る=うんちする」の方程式が成り立ってしまいます。個室に入っているところを友だちに見られると「あいつ、うんちしてた!」とクラスで冷やかされる要因になってしまうのです。

 

小学生の男児はときに残酷なところがあります。個室に誰かが入っていると、上から覗こうとしたりドアを蹴ったりするなど、大人では考えられない行動をすることがあるのです。

 

そのため、特に男の子の場合は、学校での便意を我慢するようになります。また、アンケート結果からわかるとおり、女の子も学校での便意を我慢する傾向があります。

 

このような子供特有の事情があるため、「子供は大人以上に便意を我慢する」ということを理解しておきましょう

 

便意を我慢する理由A:朝、トイレに行く時間がない

「朝、トイレに行く時間がない」というのは大人でもよくあります。ただ大人の場合は、職場で便意を感じると人目を気にせずにトイレに行くことができます。つまり、家以外の場所でも排便する機会はあります。

 

一方、@で述べたように子供の場合は事情が異なります。子供は朝便意を我慢してしまうと、ほぼ一日中我慢することになってしまうのです。この点が大人と子供の決定的な違いです。

 

ただ、子供に「学校でうんちしたくなったら、恥ずかしがらずにトイレに行きなさい」といってもおそらく行かないでしょう。少なくとも小学生の頃の私は行かなかったと思います。

 

そのため、子供にとって「朝、トイレに行く時間がない」というのは大人以上に深刻です。そしてこれを解決するためには、早起きする以外にありません。

 

つまり子供のライフスタイルを見直す必要があるのです。「朝、排便する」というライフスタイルにすることが子供の便秘解消のためには最も重要なのです。

 

偏った食生活

大人と同じで偏った食生活をしていると便秘になりやすいです。ただ子供の場合は、どうしても「ハンバーグが好き」「野菜は食べない」などの好き嫌いが出てきます。

 

そして、そのような食事では当然、食物繊維や発酵食品が不足して腸内環境が悪化してしまいます。そのため、できるだけ「腸内環境をよくする食事」を作ってあげるようにしましょう。

 

腸内環境をよくする食事の基本は大人と同じです。具体的には以下のような食材を使った献立を心がけてください。

  • 水溶性食物繊維(水に溶ける食物繊維):海藻類、オクラや長芋などのネバネバ系野菜、ゴボウ、フルーツ、もち麦など
  •  

  • 不溶性食物繊維(水に溶けない食物繊維):さつま芋、野菜(キャベツ、れんこんなど)
  •  

  • 善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌):ヨーグルト、納豆、漬物などの発酵食品
  •  

  • オリゴ糖:フルーツ、野菜(タマネギ、ゴボウなど)、はちみつ、大豆など

 

また、野菜嫌いの子供に野菜ジュースを飲ませているお母さんもいると思います。

 

ただ、「市販の野菜ジュースの多くは、食物繊維の量が不十分」という点は認識しておいてください。つまり野菜ジュースを飲むだけでは、食物繊維の摂取量は不十分なのです。

 

参考までに、厚生労働省が推奨している食物繊維の摂取量を以下に示します。

 

<厚生労働省が推奨している食物繊維の摂取量>

年齢

男性

女性

5歳以下

基準なし

基準なし

6〜7歳

11g以上

10g以上

8〜9歳

12g以上

10〜11歳

13g以上

12〜14歳

17g以上

16g以上

15〜17歳

19g以上

17g以上

18歳以上

20g以上

18g以上

 

食物繊維に関しては「食事からも食物繊維を摂取する」ということを心がけておいてください。

 

また野菜ジュースを選ぶときは、なるべく食物繊維の多い野菜ジュースを選ぶようにしましょう。糖分の多い商品もあるので、糖分の摂りすぎにも注意しておいてください。

 

不規則な生活

大人と同じで不規則な生活をしていると便秘になりやすいです。不規則な生活は、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを崩してしまうからです。

 

自律神経のバランスは腸の働きに密接に関係しています。そのため、不規則な生活によって自律神経のバランスが崩れてしまうと便秘になってしまうのです。

 

小学生以降になるとだんだんと夜更かしするようになってきます。そして生活リズムも徐々に乱れてきます。このようなライフスタイルの乱れが便秘を招くことになるのです。

 

また夜更かしばかりしていると、朝の時間に余裕がなくなってきます。そして、上述の「朝、トイレに行く時間がない」という事態を招いてしまうのです。したがって、規則正しい生活をすることは「自律神経のバランスを整える」のみならず「毎朝の排便習慣」にもつながるのです。

 

私たち大人は、子どもが夜更かししすぎないように、うまく注意するようにしましょう。また、大人が規則正しい生活の見本を見せることも大切です。

 

子どもの便秘に気づくことも重要

子供が小学生以降になると、親は子どもの便秘に気づきにくくなってきます。乳幼児のときのように、子どものうんちを目で確認することもありません。また子供の方から「うんちが出ない」と教えてくれないことも多いです。

 

そのため、乳幼児のときに比べて親は子供の便秘に気づきにくいです。ただそうはいっても便秘に気づくポイントはあります。それは「おならの臭い」です。

 

子供は家ではあまり気にすることなくおならをするので、その臭いから子供のお腹の調子を推測することができます。

 

いうまでもなく、「悪臭=腸内環境の悪化=便秘」と考えて構いません。あまりに臭い屁をこいているときは、「くさー」と笑ってあげながら、献立を工夫するなどしてあげてください。

 

まとめ

  • 子供の便秘の3大原因は「便意の我慢」「偏った食生活」「不規則な生活」である
  •  

  • 特に「便意の我慢」に関しては、子供ならでは事情がある
  •  

  • 子供の便秘解消のために最も重要なポイントは「ライフスタイルの改善」である
  •  

  • 子供のおならの臭いから、便秘かどうかを推測することができる
管理人が厳選したおすすめサプリメント


腸内環境の改善には「食生活」と「生活習慣」を見直すことが重要です。ただ、サプリメントで手軽に済ませたいという要望があるのも事実です。


こちらのページでは、私が厳選したおすすめのサプリメントを紹介しています。

関連ページ

働く女性に多い慢性的な便秘と薄い危機感
意外とあいまいな便秘の定義
便秘の種類:病気や生活習慣が原因で引き起こされる便秘
運動不足の人に多い「ぜん動不全型の便秘」
便意を我慢してしまう人に多い「直腸・肛門型の便秘」
まじめな人や不規則な生活をする人に多い「ストレス型の便秘」
女性に多いダイエットによる便秘
真夏と真冬は便秘に注意
女性や高齢者が便秘になりやすい理由とその対策
不溶性食物繊維の過剰摂取は便秘を悪化させることがある
夕食時のお酒と就寝前の水分補給は便通に影響する
朝に便意を生じやすい理由と便秘予防に効果的な朝の過ごし方
就寝前の食事はモチリンの働きを弱くして便秘を招く
睡眠不足は便秘の原因:その理由と4つの予防策
便秘と大腸がんの関係:大腸がんの実態と厚生労働省の調査
むくみと便秘の関係:むくみ対策は便秘解消に繋がる
下剤を使用する際の注意点:便秘の正しい対処法
下剤の種類:刺激性下剤と機械性下剤
下剤の種類:新しいタイプの下剤
日本と欧米の便秘治療:患者にも正しい知識が必要
宿便の定義:腸壁にこびり付く便は存在しない
便秘のときの考え方と便秘解消のポイント
便秘体質が親から子に伝わる要因:遺伝と生活習慣の影響
便秘と下痢を繰り返すときは過敏性腸症候群の可能性が高い
慢性的な便秘は切れ痔やいぼ痔の原因になる:痔の種類と対処法
慢性的な便秘の人は口からメタンガスを出している
乳幼児の便秘:原因と対策
妊婦が便秘になりやすい理由とその対処法
便秘の人が外食するときに注意しておくこと
便秘の人の腸内環境は間違いなく悪化している
オリーブオイルが便秘に効く理由と摂取するときの注意点
高齢者の便秘:原因・注意点・対処法

トップ お問い合わせ サプリメント