腸内細菌研究者がお届けする『腸』役立つ健康メソッド

意外とあいまいな便秘の定義

意外とあいまいな便秘の定義

普段なにげなく使う「便秘」という言葉ですが、実は「便秘」の定義はあいまいです。学会によって定義が異なっていたり、専門家によって主張が違っていたりするため、明確な定義が決まっていないのです。

 

そこで今回は、日本の専門家の間で主に使われている「便秘の定義」について紹介します。また定義があいまいな中で、どのようにして便秘か否かを判断すればよいか述べていきます。また最後に、注意すべき便秘の種類についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

日本内科学会、日本消化器病学会、ローマ委員会による便秘の定義

まずは、さまざまな学会ごとの定義を紹介します。

 

日本内科学会の定義

『3日以上排便がない状態、または排便があっても残便感がある状態』

 

日本内科学会では、「3日間排便がなければ便秘」と定義されています。これは明確でわかりやすいです。ただこれだけではなく、「毎日排便があったとしても、排便後にすっきりした感覚が得られない(=残便感がある)」という状態も便秘と考えることができます。この場合、便秘かどうかは本人の主観的な判断によって決まります。

 

日本消化器病学会の定義

『排便が数日に1回程度に減少し、排便間隔が不規則で便の水分量が低下している状態』
『明確な定義があるわけではありません』

 

日本内科学会と比べるとあいまいな定義です。排便頻度には個人差があるため、結局は本人が便秘かどうか判断する必要があります。

 

なお日本消化器病学会によると、たとえ排便頻度が3〜4日に1回であったとしても、それが長年の排便習慣で、まったく苦痛がなければ便秘と考えなくても構わないことになっています。

 

ローマ委員会の定義

ローマ委員会とは、国際的に著名な消化器専門家らによって1996年に作られた委員会です。2006年8月には「RomeV」という1000ページ以上の専門書が刊行されており、さまざまな疾患の診断基準が細かく記載されています。

 

RomeVによる便秘の定義は少し複雑ですが、簡単に要約すると下記のようになります。

 

『排便が週に3回未満で、排便困難を伴う』

 

排便頻度は比較的明確ですが、排便困難かどうかは本人しかわからないため、結局本人が主観的に判断するしかありません。

 

以上のように、便秘の定義は学会などによって異なります。日本内科学会のように排便頻度だけで定義する場合もありますが、排便頻度には個人差もあることから、基本的には残便感などから本人が主観的に判断することになります。

 

そして、本人が判断する際のポイントは「排便時にいきまないと出ない(=排便困難を伴う)」「排便後もすっきりしない(=残便感がある)」の二点になります。

 

この二点のうちいずれにも該当しなければ、たとえ排便頻度が3日に一回であっても問題ありません。逆に毎日排便していたとしても、どちらかに該当するようであれば便秘と考えられます。

 

注意が必要な便秘

排便頻度に個人差があると言っても、あまりに少ないのは問題です。一般的には「一週間以上排便がなければ医療機関を受診すべき」といわれていますので、一週間を超えて排便がない場合は注意してください。

 

また、便秘の背景に何らかの疾患が隠れている場合もあります。例えば、ポリープやがん、腸炎などが原因で便秘になることがあります。そのため、便の色は必ずチェックし、血液が混ざっていないか確認するようにしてください。

 

赤い鮮血は出口に近い部分での出血を意味しているので、痔である可能性が高いです。一方、便がタールのように真っ黒の場合は、出口付近ではなく腸の内部で出血していることを示しています。がんや腸炎の可能性もあるので、医療機関で検査を受けたほうが良いでしょう。

 

またパーキンソン病に罹患している場合も便秘になることがあります。ただ、便秘だけでパーキンソン病と決めつけるわけにはいきません。そのため、「手足が震える」「転びやすくなった」など他にも気になる症状がある場合は、医療機関を受診するようにしましょう。

 

今回述べてきたように、便秘には明確な定義がないため、便秘かどうかは基本的には自分で判断することになります。その際のポイントは「排便時にいきまないと出ない(排便困難)」「排便後もすっきりしない(残便感がある)」の二点です。ただ、便秘の背景には何らかの病気が隠れている場合もあるため、その点は注意するようにしてください。

管理人が厳選したおすすめサプリメント



腸内環境の改善には「食生活」と「生活習慣」を見直すことが重要です。ただ、サプリメントで手軽に済ませたいという要望があるのも事実です。

こちらのページでは、私が厳選したおすすめのサプリメントを紹介しています。

関連ページ

働く女性に多い慢性的な便秘と薄い危機感
便秘の種類:病気や生活習慣が原因で引き起こされる便秘
運動不足の人に多い「ぜん動不全型の便秘」
便意を我慢してしまう人に多い「直腸・肛門型の便秘」
まじめな人や不規則な生活をする人に多い「ストレス型の便秘」
女性に多いダイエットによる便秘
真夏と真冬は便秘に注意
女性や高齢者が便秘になりやすい理由とその対策
不溶性食物繊維の過剰摂取は便秘を悪化させることがある
夕食時のお酒と就寝前の水分補給は便通に影響する
朝に便意を生じやすい理由と便秘予防に効果的な朝の過ごし方
就寝前の食事はモチリンの働きを弱くして便秘を招く
睡眠不足は便秘の原因:その理由と4つの予防策
便秘と大腸がんの関係:大腸がんの実態と厚生労働省の調査
むくみと便秘の関係:むくみ対策は便秘解消に繋がる
下剤を使用する際の注意点:便秘の正しい対処法
下剤の種類:刺激性下剤と機械性下剤
下剤の種類:新しいタイプの下剤
日本と欧米の便秘治療:患者にも正しい知識が必要
宿便の定義:腸壁にこびり付く便は存在しない
便秘のときの考え方と便秘解消のポイント
便秘体質が親から子に伝わる要因:遺伝と生活習慣の影響
便秘と下痢を繰り返すときは過敏性腸症候群の可能性が高い
慢性的な便秘は切れ痔やいぼ痔の原因になる:痔の種類と対処法
慢性的な便秘の人は口からメタンガスを出している
乳幼児の便秘:原因と対策
小学生以降の子供の便秘:原因と対策
妊婦が便秘になりやすい理由とその対処法
便秘の人が外食するときに注意しておくこと

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME お問い合わせ サプリメント