腸内細菌研究者がお届けする『腸』役立つ健康メソッド

下剤を使用する際の注意点:便秘の正しい対処法

下剤を使用する際の注意点:便秘の正しい対処法

便秘で悩む人の中には、下剤を服用することで解決している人もいます。中には、平日一度も排便せず、週末のゆっくりできるときに下剤を使ってまとめて排泄する「週末トイレ症候群」の女性もいます。また、「毎回、指定された量よりも多くの下剤を服用してやっと排便できる」という人もいます。

 

このように、下剤は便秘で悩む人を助けてくれる貴重な薬剤です。ところが、下剤の服用には細心の注意が必要です。なぜなら下剤の服用方法を誤ってしまうと、腸の機能が低下して、便秘がより重症化してしまうからです。

 

そこで今回は、下剤を服用する際に注意すべきポイントについて解説していきます。下剤を使用している人や下剤の使用を検討している人にとってはかなり大切な内容ですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

下剤で便秘は治らない

まず大前提として「下剤で便秘は治らない」ということを認識することが重要です。

 

下剤というのは、あくまで「一時的に」便通を良くするための薬です。したがって、下剤を用いて排便できたからといって、翌日以降もスムーズに排便できるとは限りません。あくまでその効果は一時的であるため、根本的な便秘解消には繋がりません。

 

このことを認識したうえで、「どうしても便が出なくて苦しい」という場合は、下剤を使用するようにしましょう。ただしその場合も、下剤の有効成分を確認し、短期間の使用に留めるようにする必要があります。

 

この理由について以下に述べていきます。

 

腸の働きを弱くしてしまう「結腸刺激性下剤」

市販されている下剤のほとんどは「結腸刺激性下剤」という種類の下剤です。有効成分としてセンナ、センノシド、ダイオウ、アロエなどが含まれている薬剤がこれに該当します。

 

結腸刺激性下剤は、結腸(大腸のうち大部分を占める部分)に刺激を与えて、ぜん動運動(食べた物を肛門方向へと移動させる収縮運動)を起こさせる薬です。ただ、この下剤には注意しなければいけない点があります。

 

それは、「長期的に使用すると腸がその刺激に慣れてしまい、通常の量では効かなくなる」ということです。上述の「毎回、指定された量よりも多くの下剤を服用することで、やっと排便できる」という人は、まさに結腸刺激性下剤の刺激に慣れてしまった人のことなのです。

 

さらに、この結腸刺激性下剤を数ヶ月間服用していると、大腸の中に「大腸メラノーシス」と呼ばれるシミが生じます。

 

大腸メラノーシスができたからといって、何らかの自覚症状があるわけではありません。しかし、大腸メラノーシスができた部分では、腸の動きがかなり弱くなっていることが確認されています。また大腸がんとの関連も疑われています。

 

このように、結腸刺激性下剤には、飲み続けると「通常の量では効かなくなる」、「大腸メラノーシスを生じて腸機能が低下する」という二つの短所があります。

 

そのため、できれば結腸刺激性下剤の使用は避けるようにした方が良いでしょう。

 

塩類下剤、オリーブオイル、整腸剤を使用してみる

結腸刺激性下剤に代わる薬として、多くの消化器内科医から推奨されている「塩類下剤」という種類の下剤があります。有効成分として、酸化マグネシウムや硫酸マグネシウムなどが含まれている薬がこれに該当します。

 

塩類下剤には、「便の水分が吸収されるのを抑え、便を柔らかくする」働きがあります。さらに副作用が少なく、腸機能にも影響しないため、お勧めの下剤です。

 

※ 腎機能が低下している人が服用すると「高マグネシウム血症」の原因となりますので、注意が必要です。

 

また、下剤ではありませんが、オリーブオイル整腸剤なども便秘に効果的です。

 

オリーブオイルは、一日大さじ一杯を目安に飲むのが良いです。オリーブオイルには、「小腸に刺激を与えて排便を促進する働きがある」といわれています。また、便の周りを油でコーティングすることにより、便の潤滑油としても働きます。

 

整腸剤は、乳酸菌、ビフィズス菌、酪酸菌などの善玉菌を含む製剤です。これを飲むことで、腸内環境を善玉菌優位な状態にできるため、腸内環境が改善し、スムーズな排便が促されます。

 

このとき、オリゴ糖(野菜、フルーツ、ハチミツに多い)や水溶性食物繊維(海藻やこんにゃくに多い)などの善玉菌のエサを同時に摂取するとより効果的です。

 

今回述べてきたように、下剤を使用する際は、その有効成分に注意する必要があります。また下剤は、あくまで一時的に効果を示すだけであって、便秘の根本的な解消には繋がりません。そのため、長期的な服用は避けた方が良いです。

 

そして、下剤に頼らなくても排便できるように、生活習慣を変えて便秘体質を改善することが重要です。便秘解消に有効な情報はこのサイト上で全て公開していますので、ぜひ学び取って日々の生活に活かしてください。

管理人が厳選したおすすめサプリメント



腸内環境の改善には「食生活」と「生活習慣」を見直すことが重要です。ただ、サプリメントで手軽に済ませたいという要望があるのも事実です。

こちらのページでは、私が厳選したおすすめのサプリメントを紹介しています。

関連ページ

働く女性に多い慢性的な便秘と薄い危機感
意外とあいまいな便秘の定義
便秘の種類:病気や生活習慣が原因で引き起こされる便秘
運動不足の人に多い「ぜん動不全型の便秘」
便意を我慢してしまう人に多い「直腸・肛門型の便秘」
まじめな人や不規則な生活をする人に多い「ストレス型の便秘」
女性に多いダイエットによる便秘
真夏と真冬は便秘に注意
女性や高齢者が便秘になりやすい理由とその対策
不溶性食物繊維の過剰摂取は便秘を悪化させることがある
夕食時のお酒と就寝前の水分補給は便通に影響する
朝に便意を生じやすい理由と便秘予防に効果的な朝の過ごし方
就寝前の食事はモチリンの働きを弱くして便秘を招く
睡眠不足は便秘の原因:その理由と4つの予防策
便秘と大腸がんの関係:大腸がんの実態と厚生労働省の調査
むくみと便秘の関係:むくみ対策は便秘解消に繋がる
下剤の種類:刺激性下剤と機械性下剤
下剤の種類:新しいタイプの下剤
日本と欧米の便秘治療:患者にも正しい知識が必要
宿便の定義:腸壁にこびり付く便は存在しない
便秘のときの考え方と便秘解消のポイント
便秘体質が親から子に伝わる要因:遺伝と生活習慣の影響
便秘と下痢を繰り返すときは過敏性腸症候群の可能性が高い
慢性的な便秘は切れ痔やいぼ痔の原因になる:痔の種類と対処法
慢性的な便秘の人は口からメタンガスを出している
乳幼児の便秘:原因と対策
小学生以降の子供の便秘:原因と対策
妊婦が便秘になりやすい理由とその対処法
便秘の人が外食するときに注意しておくこと

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME お問い合わせ サプリメント