腸内細菌研究者がお届けする『腸』役立つ健康メソッド

女性や高齢者が便秘になりやすい理由とその対策

女性や高齢者が便秘になりやすい理由とその対策

一般的に、「男性よりも女性」、「若者よりも高齢者」に便秘の人が多いです。これには体質が関係しているため、ある意味仕方のないことといえます。ただ、女性や高齢者が便秘になりやすい理由を理解しておけば、対策を立てることは可能です。

 

そこで今回は、女性や高齢者に特徴的な便秘について述べていきます。便秘に悩む人の中には該当する方も多いと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

女性に特有の便秘

便秘に悩む女性はかなり多いです。実際、働く女性の半数以上が便秘を自覚しているというアンケート結果もあるほどです。

 

女性の場合、「ダイエットによる便秘」に悩む人が多いです。これは、ダイエットのために食事量を減らすことが原因となります。食事量を減らすと腸の内容物が減少するため、腸壁が刺激されにくくなります。そのため、ぜん動運動(食べた物を肛門のほうへ移動させる収縮運動)が活発化せず、便通が滞ってしまうのです。

 

一方、ダイエットをしていなくても便秘になる女性は多いです。その原因のひとつに、今回紹介する「女性ホルモンによる便秘」があります。

 

排卵から生理までの時期は、黄体ホルモン(プロゲステロン)と呼ばれるホルモンの分泌が活発になります。このホルモンは基本的には、「妊娠に備える」という働きがあります。ただ、その働きの影響で、便秘になることがあります。

 

例えば、黄体ホルモンには妊娠に備えて体内の水分量を増やす働きがあります。大腸からの水分吸収が促進されるため、便の水分量は少なります。

 

また、黄体ホルモンには子宮の収縮を抑える働きもあります。それに連動して、腸管における収縮運動、つまりぜん動運動も抑制されてしまいます。

 

このように、生理前には黄体ホルモンの影響によって、「水分吸収の促進」、「ぜん動運動の抑制」がお腹の中で生じるため、便秘になりやすくなるのです。

 

これは女性の場合、避けられない現象です。そのため、便秘になったらからといって過度に自分の生活習慣を改める必要はありません。むしろ、心配しすぎることでストレスが溜まったり、下剤を頻用したりすることのほうが逆効果となります。

 

女性ホルモンによる便秘の対策として、排卵前から腸内環境を意識した食生活をしておくことが大切です。具体的には、食物繊維とオリゴ糖が豊富な野菜やフルーツ、善玉菌が豊富な発酵食品などを多めに摂取することを心がけてください。また、規則正しい生活をするようにし、ストレスを溜めないことが重要です。

 

高齢者に特有の便秘

高齢になると、男女関係なく便秘になる人が増えます。これにはさまざまな原因が考えられますが、主に「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう:腸内細菌全体のバランスのこと)の変化」、「筋力の低下」、「食事量の減少」などが挙げられます。

 

腸内細菌叢の変化
腸内細菌叢は加齢に伴って変化することが知られています。50代を過ぎると、ビフィズス菌などの善玉菌は減少し、大腸菌やクロストリジウムという悪玉菌が増加してきます。そのため、腸内環境は悪化する傾向にあります。

 

腸内環境を健全に保つためには、若い頃以上に腸内環境によい食生活を意識する必要があります。特に、ビフィズス菌には悪玉菌の増殖を抑制する働きがあるため、ヨーグルトなどからビフィズス菌を積極的に摂取することが効果的です。

 

筋力の低下
高齢になるとどうしても筋力が低下してしまいます。それは腸の筋肉も同じです。腸には輪状筋(りんじょうきん)と縦走筋(じゅうそうきん)というぜん動運動に関わる二つの筋肉があります。この筋肉が加齢とともに衰えるため、ぜん動運動も弱くなってしまいます。

 

そのため、適度な運動を生活の中に取り入れることが重要です。腹筋運動のような下腹部に負荷のかかる運動が有効ですが、難しければウォーキングなどでも構いません。

 

食事量の減少
食事量が低下すると、ぜん動運動が活発化しにくくなります。これは上述の「ダイエットによる便秘」と同じです。

 

ただ、無理にたくさん食べる必要はありません。有効なのは、少量でも便秘になりにくい栄養素、つまり食物繊維を多めに摂取することです。

 

食物繊維には腸の中で他の消化物と混ざりあって、便のかさを増やす働きがあります。便のかさが増えると腸壁に物理的な刺激が伝わるため、ぜん動運動が活発になります。

 

このように、高齢者の便秘には「腸内細菌叢の変化」、「筋力の低下」、「食事量の減少」などが関わっています。ただ、高齢者の場合ひとつ注意点があります。それは「便秘の背景に何らかの病気が隠れている可能性がある」ということです。

 

例えば、ポリープやがん、パーキンソン病などが原因で便秘になることがあります。そのため、「突然便秘になって一向に改善しない」、「便に血液が混じる」などの症状が見られた場合は、医療機関を受診するようにしてください。

 

今回述べてきたように、女性や高齢者による便秘は、体質上、避けられない場合があります。ただ、食生活を変えたり、運動したりすることで、便秘を改善することは可能です。このサイトでもさまざまな対策を紹介しているので、ぜひ普段の生活の中に取り入れてみてください。

管理人が厳選したおすすめサプリメント



腸内環境の改善には「食生活」と「生活習慣」を見直すことが重要です。ただ、サプリメントで手軽に済ませたいという要望があるのも事実です。

こちらのページでは、私が厳選したおすすめのサプリメントを紹介しています。

関連ページ

働く女性に多い慢性的な便秘と薄い危機感
意外とあいまいな便秘の定義
便秘の種類:病気や生活習慣が原因で引き起こされる便秘
運動不足の人に多い「ぜん動不全型の便秘」
便意を我慢してしまう人に多い「直腸・肛門型の便秘」
まじめな人や不規則な生活をする人に多い「ストレス型の便秘」
女性に多いダイエットによる便秘
真夏と真冬は便秘に注意
不溶性食物繊維の過剰摂取は便秘を悪化させることがある
夕食時のお酒と就寝前の水分補給は便通に影響する
朝に便意を生じやすい理由と便秘予防に効果的な朝の過ごし方
就寝前の食事はモチリンの働きを弱くして便秘を招く
睡眠不足は便秘の原因:その理由と4つの予防策
便秘と大腸がんの関係:大腸がんの実態と厚生労働省の調査
むくみと便秘の関係:むくみ対策は便秘解消に繋がる
下剤を使用する際の注意点:便秘の正しい対処法
下剤の種類:刺激性下剤と機械性下剤
下剤の種類:新しいタイプの下剤
日本と欧米の便秘治療:患者にも正しい知識が必要
宿便の定義:腸壁にこびり付く便は存在しない
便秘のときの考え方と便秘解消のポイント
便秘体質が親から子に伝わる要因:遺伝と生活習慣の影響
便秘と下痢を繰り返すときは過敏性腸症候群の可能性が高い
慢性的な便秘は切れ痔やいぼ痔の原因になる:痔の種類と対処法
慢性的な便秘の人は口からメタンガスを出している
乳幼児の便秘:原因と対策
小学生以降の子供の便秘:原因と対策
妊婦が便秘になりやすい理由とその対処法
便秘の人が外食するときに注意しておくこと

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME お問い合わせ サプリメント