腸内細菌研究者がお届けする『腸』役立つ健康メソッド

血便が出る原因と対処法

血便が出る原因と対処法

血液が混じった便のことを「血便」といいます。血便にはさまざまな状態のものがあります。

 

便の表面に赤い血液が付着したものだけでなく、粘液と血液が混じった「粘血便」や海苔のつくだ煮のような真っ黒い「タール便」も血便の一種です。

 

トイレで大量の血便が出たり、少量でも毎日便に血が混じっていたりすると「何かの病気ではないか」と心配になると思います。実際、このサイトでも血便に関するお問い合わせを頂いたことがあります。

 

そこで今回は、血便が出る原因とその対処法について解説していきます。血便の状態から健康状態をある程度把握できることを理解しましょう。

 

便に混じった血液の色から出血部位を推測できる

血便にはさまざまな種類があります。そして血便の色から出血部位をある程度推測することができます。

 

例えば、真っ赤な血便が出たときは、肛門に近い部分から出血している可能性が高いです。逆に、黒っぽい血液が混じっている場合は、胃や小腸などの肛門から離れた臓器から出血している可能性があります。

 

肛門から離れた臓器から出血した血液は、消化管内を移動中に酸化して黒くなるからです。

 

このように血便の色から出血部位をある程度推測することができます。そのため、どのような便が出ているかチェックしておくことが重要です。

 

血便が出る原因

血便が出る背景にはさまざまな疾患があります。以下に説明していきます。

 

赤い血便の原因として最も可能性が高いのが「痔」です。痔には「切れ痔」「いぼ痔」「あな痔」の3種類があります。このうち、切れ痔といぼ痔の場合は、排便のたびに出血を伴うことがあります。

 

切れ痔の場合、出血量は比較的少ないですが痛みを伴います。

 

一方、肛門内部にイボができた場合は、大量に出血することがあります。ただ切れ痔のように痛みを伴うことはあまりありません。

 

痔の特徴として「赤い鮮血が出る」「下痢・腹痛・発熱などはない」「普段から便秘傾向」などがあげられます。これらの特徴に当てはまる場合は痔の可能性が高いです。

 

軽症の段階であれば市販薬と食生活の改善で回復することがあります。しかし、重症化してしまうと医療機関を受診する必要があります。私も2回受診したことがあるので、恥ずかしがらずに病院へ行きましょう。

 

大腸ポリープ、早期がん

出血量は少ないため、見た目では血液が混じっていることに気づかないことが多いです。ただ、便潜血検査(便に血が混じっているか調べる検査)では陽性反応が出ます。

 

そのため、大腸ポリープやがんの早期発見のためには、定期的に便潜血検査を受ける必要があります。私も人間ドックを受けたときに便潜血検査を行いました。簡単にできる検査なので、特に高齢の人は機会があれば便潜血検査を受けましょう。

 

進行がん

進行したがんの場合は、見た目でも血液が混じっていることに気づきます。痔とは違って、粘液と一緒に血液が出てくる「粘血便」である場合が多いです。

 

また「便秘を繰り返す」「便が細くなる」「便秘と下痢を繰り返す」などの便通の変化がみられるようになります。腹痛はあったりなかったりします。疑わしい場合は、すぐに医療機関を受診してください。

 

腸炎

腸に炎症を起こしている場合も出血します。この場合も粘液と一緒に出てくる「粘血便」であることが多いです。ただし、腸炎といっても実にさまざまな種類があります。

 

例えば、政治家の安倍晋三氏が罹患した「潰瘍性大腸炎」や、抗生物質の服用が原因となる「偽膜性腸炎(ぎまくせいちょうえん)」、大腸の壁が外へ袋状に飛び出して炎症する「大腸憩室炎(だいちょうけいしつえん)」などがあります。

 

いずれも若い人でも発症する疾患なので、若いからといって安心はできません。また、この他にもさまざまな腸炎があります。正確な診断をするためにも、必ず医療機関を受診してください。

 

血便が出たときの対処法

上述のとおり、軽症の切れ痔やいぼ痔であれば市販薬と食生活の改善が有効です。

 

市販薬には「軟膏タイプ」「注入タイプ」「座薬タイプ」の3つの種類があります。それぞれ有効成分は同じなので、痔の状態に合わせて購入しましょう。

 

基本的には、肛門の外側の痔には「軟膏タイプ」、肛門の内側の痔には「注入タイプ」を買っておけば問題ありません。なお、私は座薬があまり好きではないので「座薬タイプ」は買ったことがありません。

 

食生活に関しては「お酒を飲まない」「辛い物を避ける」「水溶性食物繊維が豊富な海藻、フルーツ、ネバネバ系の野菜(オクラ、長芋など)を食べる」「ヨーグルトを食べる」ということを意識しておいてください。

 

痔が重症化した場合やなかなか治らないときは医療機関を受診しましょう。また、痔の可能性が低いとき、粘血便やタール便が出たときも迷わずに医療機関を受診してください。

 

大腸内視鏡検査と注腸造影検査

病院では必要に応じて大腸内視鏡検査注腸造影検査が行われます。

 

大腸内視鏡検査とは、肛門からカメラを挿入して大腸内部を観察する検査です。ちなみに、日本の大腸内視鏡検査のレベルは世界でもトップクラスです。

 

注腸造影検査は、肛門から大腸内にバリウムと空気を入れて、大腸のレントゲン写真を撮る検査です。胃のバリウム検査と同じような検査を大腸で行うと考えてください。ただ、この検査は最近はあまり行われなくなってきました。

 

なぜなら、この検査で異常が見つかると、結局は内視鏡検査でさらに詳しく検査することになるからです。検査を二回行うことになるので、最初から大腸内視鏡検査を行うことが多いのです。

 

今回述べてきたように、血便にはさまざまな原因があります。赤い血便は痔である可能性が最も高いですが、痔以外の疾患が背景にある場合もあります。どのような疾患が原因である推測するためにも、便の状態をよく観察しておきましょう。

 

まとめ

  • 便に赤い血液が混じる場合は、肛門付近で出血している可能性が高い
  •  

  • 便に黒い血液が混じる場合は、胃や小腸などの肛門から離れた臓器から出血している可能性がある
  •  

  • 赤い血便の原因として最も可能性が高いのは「痔」である
  •  

  • 軽症の痔であれば、市販薬と食生活の改善で治すことができる
  •  

  • 重症化した痔や痔以外の可能性がある場合は医療機関を受診した方がよい
管理人が厳選したおすすめサプリメント



腸内環境の改善には「食生活」と「生活習慣」を見直すことが重要です。ただ、サプリメントで手軽に済ませたいという要望があるのも事実です。

こちらのページでは、私が厳選したおすすめのサプリメントを紹介しています。

関連ページ

抗生物質使用時に注意が必要な菌交代症
抗生物質起因性出血性大腸炎(AAHC)の特徴と発症メカニズム
クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)の特徴と発症メカニズム
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌腸炎(MRSA腸炎)の特徴と発症メカニズム
驚異の治療法「便移植」がクロストリジウム・ディフィシル感染症克服の鍵
便移植が開拓する新たな治療戦略
腹痛・下痢・便秘などの症状で現代人を悩ませる過敏性腸症候群(IBS)
急性胃腸炎が過敏性腸症候群(IBS)の原因となることもある
ビフィズス菌の摂取により過敏性腸症候群(IBS)の症状は軽減する
過敏性腸症候群(IBS)の症状緩和に有効な食事
特定疾患に指定される潰瘍性大腸炎の特徴
潰瘍性大腸炎の発症に関係している腸内細菌
ビフィズス菌や酪酸菌などの善玉菌は潰瘍性大腸炎の症状を改善する
特定疾患に指定されるクローン病の特徴
クローン病の発症に関係している腸内細菌
クローン病における善玉菌の効果
炎症性腸疾患の発症や治療に関係している炎症性サイトカイン
炎症性腸疾患における治療戦略
酪酸菌による免疫抑制作用は炎症性腸疾患の症状を緩和する
クロストリジウムの中には炎症性腸疾患に有効な細菌がいる
大腸がんが増加している理由:食の欧米化と腸内細菌の関与
大腸がんの原因物質「コリバクチン」と大腸がんの予防
便潜血検査の方法と陽性判定が出たときの考え方

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME お問い合わせ サプリメント