ページTOPへ

腸内細菌研究者がお届けする『腸』役立つ健康メソッド

クロストリジウムの中には炎症性腸疾患に有効な細菌がいる

クロストリジウムの中には炎症性腸疾患に有効な細菌がいる

炎症性腸疾患とは、異常な免疫反応が消化管内で起こり、慢性的に炎症が続く病気です。消化管内に潰瘍(粘膜が炎症を起こして剥がれ落ちること)を生じさせ、腹痛、下痢、血便などの症状が現れます。この炎症性腸疾患には、クローン病と潰瘍性大腸炎という二つの病気が該当します。

 

これらの疾患は、体内の免疫システムによって、自分の消化管が傷つけられる自己免疫疾患という種類の病気です。しかし、発症原因が解明されておらず、また完治する治療法も確立されていないため、厚生労働省から特定疾患(≒難病)に指定されています。

 

ただ、これまでの研究から、免疫反応を抑制することが症状緩和に有効ということがわかってきました。そして、免疫反応の抑制には酪酸菌が重要な働きをしていることも明らかになりました。

 

酪酸菌とは腸の中で「酪酸」という物質を作る細菌の総称です。この細菌は、酪酸の作用によって、腸の中で制御性T細胞という細胞を増やします。そして制御性T細胞は、異常な免疫反応を抑えるインターロイキン10というホルモンのような物質を作り出します。

 

つまり、「酪酸菌→制御性T細胞の増加→インターロイキン10の増加→異常な免疫反応の抑制」というメカニズムで、酪酸菌は免疫反応を抑えるのです。

 

この酪酸菌は、炎症性腸疾患の治療に繋がる可能性を秘めた魅力的な細菌です。そこで今回は、最近特に注目されている「酪酸を作り出すクロストリジウム目(もく)細菌」について解説していきます。

 

※ 「目」というのは腸内細菌を分類する単位の一つです。クロストリジウム目の中には、さまざな細菌が含まれます。

 

17種類のクロストリジウム目細菌が制御性T細胞を増やす

一般的に、クロストリジウムはインドールなどの腐敗物質を産生するため、悪玉菌に分類されることが多いです。中には、デオキシコール酸と呼ばれる発がん性物質や、ボツリヌス毒素という食中毒に関わる毒素を産生する細菌もいます。

 

ところが、クロストリジウム目細菌の中には酪酸を作るものがいます。そして2013年に、酪酸を作る17種類のクロストリジウム目細菌が炎症性腸疾患に有効であることが示されました。これについては、最も権威ある科学雑誌「Nature」に論文が掲載されています。

 

この論文を投稿したのは、日本の著名な腸内細菌研究者である本田賢也先生の研究グループです(当時の所属は理化学研究所)。

 

本田先生たちは、「無菌マウスに健康な人の便から分離された腸内細菌を食べさせる」という手法を用いて、制御性T細胞の数を増やすクロストリジウムを見つけました。

 

※ 無菌マウス: 胎児は無菌状態なので、帝王切開で生まれた赤ちゃんマウスを出産と同時にクリーンボックス内に移せば、無菌マウスとなります。

 

さらに、炎症性腸疾患を発症したマウスにこれらの細菌を食べさせることによって、症状が改善することも示しました。

 

この研究成果は多くの腸内細菌研究者や炎症性腸疾患研究者の注目を集めました。なぜなら、これら17種類のクロストリジウム目細菌は、マウスだけではなく人にも有効である可能性があるためです。そのことを調べるために、某大手製薬会社が炎症性腸疾患患者を対象とした臨床試験を計画しています(2016年3月現在)。

 

次に、同じく2013年に発表された別のクロストリジウムによる腸炎抑制効果について解説していきます。

 

クロストリジウム・ブチリカムによるインターロイキン10産生促進作用

2013年に、上記とは異なるクロストリジウムがインターロイキン10の産生を促して、免疫反応を抑制することが報告されました。

 

このことを一流科学雑誌「Cell Host & Microbe」に報告したのは、慶応大学・消化器内科医の金井先生です。

 

先生は酪酸菌であるクロストリジウム・ブチリカム(Clostridium butyricum)が、マウスにおけるインターロイキン10産生を促すことを示しました。そして、それに伴って腸炎症状が改善することも明らかにしました。

 

興味深いことに、上述した17種類のクロストリジウムとは異なるメカニズムで作用していることが判明した。つまり、クロストリジウム・ブチリカムには、制御性T細胞を増やす機能はあまりなかったのです。

 

そして詳細に解析した結果、この細菌はマクロファージと呼ばれる別の免疫細胞に作用して、インターロイキン10の産生を促していることが示されました。

 

今回述べてきたように、一般的には悪玉と考えられていたクロストリジウムが、酪酸の産生を介して、炎症性腸疾患に有効であることが示唆されています。実際、動物実験においてはその有効性が示されています。そのため、万一炎症性腸疾患に罹患した場合は、サプリメントなどを利用して酪酸菌を摂取することが有効である可能性があります。

管理人が厳選したおすすめサプリメント


腸内環境の改善には「食生活」と「生活習慣」を見直すことが重要です。ただ、サプリメントで手軽に済ませたいという要望があるのも事実です。


こちらのページでは、私が厳選したおすすめのサプリメントを紹介しています。

関連ページ

抗生物質使用時に注意が必要な菌交代症
抗生物質起因性出血性大腸炎(AAHC)の特徴と発症メカニズム
クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)の特徴と発症メカニズム
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌腸炎(MRSA腸炎)の特徴と発症メカニズム
驚異の治療法「便移植」がクロストリジウム・ディフィシル感染症克服の鍵
便移植が開拓する新たな治療戦略
腹痛・下痢・便秘などの症状で現代人を悩ませる過敏性腸症候群(IBS)
急性胃腸炎が過敏性腸症候群(IBS)の原因となることもある
ビフィズス菌の摂取により過敏性腸症候群(IBS)の症状は軽減する
過敏性腸症候群(IBS)の症状緩和に有効な食事
特定疾患に指定される潰瘍性大腸炎の特徴
潰瘍性大腸炎の発症に関係している腸内細菌
ビフィズス菌や酪酸菌などの善玉菌は潰瘍性大腸炎の症状を改善する
特定疾患に指定されるクローン病の特徴
クローン病の発症に関係している腸内細菌
クローン病における善玉菌の効果
炎症性腸疾患の発症や治療に関係している炎症性サイトカイン
炎症性腸疾患における治療戦略
酪酸菌による免疫抑制作用は炎症性腸疾患の症状を緩和する
大腸がんが増加している理由:食の欧米化と腸内細菌の関与
大腸がんの原因物質「コリバクチン」と大腸がんの予防
便潜血検査の方法と陽性判定が出たときの考え方
血便が出る原因と対処法

トップ お問い合わせ サプリメント