ページTOPへ

腸内細菌研究者がお届けする『腸』役立つ健康メソッド

炎症性腸疾患の発症や治療に関係している炎症性サイトカイン

炎症性腸疾患の発症や治療に関係している炎症性サイトカイン

炎症性腸疾患とは、消化管に慢性的な炎症が続く病気です。消化管内に潰瘍(粘膜が炎症を起こして剥がれ落ちること)を生じ、腹痛、下痢、血便などの症状が現れます。この炎症性腸疾患には、クローン病と潰瘍性大腸炎という二つの病気が該当します。

 

これらの疾患の発症原因は解明されておらず、また完治する治療法も確立されていません。そのため、厚生労働省から特定疾患(≒難病)に指定されています。ただ、完治に至らないまでも、有効な治療法は確立されています。また原因もある程度は解明されています。

 

ここでは炎症性腸疾患の病態と治療法を理解する上で重要となる「炎症」という状態について解説します。また、炎症に重要な役割を担っている炎症性サイトカインという物質と腸内細菌との関係についても述べていきます。

 

炎症は生体に備わっている免疫反応

何らかの原因で細胞が傷ついたとき、生体にはその原因を取り除いたり、傷害で死んでしまった細胞の残骸を除去したりする仕組みが備わっています。このようなプロセスのことを「炎症」と呼びます。

 

そして、炎症には炎症性サイトカインと呼ばれるホルモンのような物質が重要な役割を担っています。炎症性サイトカインは「免疫に関わる細胞」から分泌される物質で、さまざまな免疫反応を引き起こします。

 

例えば、炎症性サイトカインはマクロファージ(体内の異物を食べる免疫細胞)を刺激してその働きを強めたり、異常な細胞に働きかけて細胞死を引き起こしたりします。

 

ここで大事なのは、「サイトカインには炎症を促進するものと抑制するものがある」ということです。言い換えると、サイトカインの分泌量に異常があったり、サイトカインが正常に働かなかったりすると、異常な免疫反応が引き起こされます

 

そして炎症性腸疾患では、正常であれば炎症が起こらなくても良い消化管の中で、炎症が慢性的に続いてしまっているのです。

 

炎症性腸疾患の病態と治療に関わるサイトカイン

炎症性サイトカインにはいくつも種類があります。そのうち、炎症性腸疾患に関与しているのは、インターロイキン6、TNFα、インターロイキン10と呼ばれるものです。

 

このうち、インターロイキン6とTNFαは炎症を促進し、インターロイキン10は炎症を抑制する働きがあります。実際、炎症性腸疾患患者の血液や腸管粘膜では、インターロイキン6とTNFαの濃度が上昇しています。そして、これらのサイトカインが異常に免疫反応を促進するため、消化管の中に潰瘍などが生じてしまいます。

 

これらの炎症性サイトカインのうち、炎症性腸疾患の治療を考える上で重要なのはTNFαです。TNFαの働きを抑制する薬が、炎症性腸疾患に対してよく効くからです。なお、この薬は抗体医薬品という種類の薬になります。

 

抗体というのは、体に入ってきた異物に結合して排除してくれるタンパク質のことです。そして、この性質を利用したのが抗体医薬品です。炎症性腸疾患の場合、「体内で異常に分泌されているTNFα」を認識・結合する抗体を点滴で投与します。すると、血液中のTNFαが除去されるため、炎症が抑えられます。

 

腸内細菌と炎症性サイトカイン

炎症性腸疾患において、なぜ炎症性サイトカインが異常に分泌されるかはっきり分かっていません。ただ、これには腸内細菌が関与している可能性が指摘されています。

 

例えば、潰瘍性大腸炎では、腸粘膜の中にフソバクテリウム・バリウム(Fusobacterium varium)という細菌が侵入していることが知られています。

 

そして、粘膜内でTNFαの産生を促進していることが確認されています。また、この細菌はTNFαの産生促進だけでなく、腸の細胞を直接傷害することも知られているため、複数の作用で病態に関与していると考えられます。

 

また、クローン病においては、腸粘膜の中に接着性侵入性大腸菌という種類の大腸菌が侵入してきています。そしてこの大腸菌が侵入すると、インターロイキン6やTNFαなどのサイトカイン産生が促進されることも確認されています。

 

このように、炎症性腸疾患は異常な免疫反応が消化管内で起こる疾患です。そして、それにはTNFαなどの炎症性サイトカインが密接に関与しています。また腸内細菌がこれらの炎症性サイトカインの産生に関係している可能性もあります。

 

もちろん腸内細菌だけが原因とは限りませんが、腸内細菌と炎症性サイトカインの関係が詳細に解明されることで、新たな治療薬開発に繋がる可能性があります。

管理人が厳選したおすすめサプリメント


腸内環境の改善には「食生活」と「生活習慣」を見直すことが重要です。ただ、サプリメントで手軽に済ませたいという要望があるのも事実です。


こちらのページでは、私が厳選したおすすめのサプリメントを紹介しています。

関連ページ

抗生物質使用時に注意が必要な菌交代症
抗生物質起因性出血性大腸炎(AAHC)の特徴と発症メカニズム
クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)の特徴と発症メカニズム
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌腸炎(MRSA腸炎)の特徴と発症メカニズム
驚異の治療法「便移植」がクロストリジウム・ディフィシル感染症克服の鍵
便移植が開拓する新たな治療戦略
腹痛・下痢・便秘などの症状で現代人を悩ませる過敏性腸症候群(IBS)
急性胃腸炎が過敏性腸症候群(IBS)の原因となることもある
ビフィズス菌の摂取により過敏性腸症候群(IBS)の症状は軽減する
過敏性腸症候群(IBS)の症状緩和に有効な食事
特定疾患に指定される潰瘍性大腸炎の特徴
潰瘍性大腸炎の発症に関係している腸内細菌
ビフィズス菌や酪酸菌などの善玉菌は潰瘍性大腸炎の症状を改善する
特定疾患に指定されるクローン病の特徴
クローン病の発症に関係している腸内細菌
クローン病における善玉菌の効果
炎症性腸疾患における治療戦略
酪酸菌による免疫抑制作用は炎症性腸疾患の症状を緩和する
クロストリジウムの中には炎症性腸疾患に有効な細菌がいる
大腸がんが増加している理由:食の欧米化と腸内細菌の関与
大腸がんの原因物質「コリバクチン」と大腸がんの予防
便潜血検査の方法と陽性判定が出たときの考え方
血便が出る原因と対処法

トップ お問い合わせ サプリメント