ページTOPへ

腸内細菌研究者がお届けする『腸』役立つ健康メソッド

善玉菌と悪玉菌が産生する物質と健康への影響

善玉菌と悪玉菌が産生する物質と健康への影響

腸内細菌は、善玉菌や悪玉菌に関わらず、さまざまな物質を私たちの腸の中で作っています。善玉菌の代表格であるビフィズス菌の場合は、オリゴ糖や食物繊維などをエサにして、酢酸、乳酸、葉酸などの体に有益な物質を産生します。近年注目されているポリアミンと呼ばれる物質もビフィズス菌によって作られます。

 

一方、悪玉菌の代表格であるクロストリジウム属細菌の多くは、タンパク質やアミノ酸をエサにして、アンモニアやインドールといった腐敗物質を産生します。また、炎症や大腸がんなどの疾患を直接引き起こす、悪性度の高い物質を作るものもいます。

 

これらの物質は、腸管内で他の微生物に作用したり、腸壁の細胞に影響したりします。それだけでなく、血液中に取り込まれて全身をかけ巡り、腸から遠く離れた人の細胞にも影響を与えます。そのため、腸内環境はお腹の具合だけでなく体全体の調子にも関わっています

 

腸内細菌によって作られた物質が体全体を巡ることを学ぶことで、腸内環境が腸から離れた部位に作用することを理解できます。そして、腸内環境を整えることが体全体の健康のために、いかに大事であるか認識できます。ここでは、腸内細菌が産生する物質がどのように全身を駆け巡るか理解するようにしましょう。

 

腸内細菌が作る物質が全身を巡る仕組み

ビフィズス菌は、酢酸、乳酸、葉酸、ポリアミンなどの有益な物質を産生します。また、その他の善玉菌である乳酸菌は大量の乳酸を産生しますし、酪酸菌は酪酸を産生します。

 

一方、悪玉菌に分類されるクロストリジウム属の細菌や大腸菌などは、インドールなどの腐敗物質を産生します。また、直接疾病の発症に関わる、悪性度の高い物質を産生するものもいます。

 

例えば、肝臓がんや大腸がんの発症に関与するデオキシコール酸という物質や、動脈硬化の原因となるトリメチルアミンと呼ばれる物質などが作られます。大腸がん発症に関わるコリバクチンという物質を産生する大腸菌もいます。

 

これらの腸内細菌が産生した物質は、腸管内で他の微生物や腸管内の細胞に作用します。また腸壁から門脈と呼ばれる血管に取り込まれます。門脈に取り込まれたこれらの物質は肝臓に運ばれた後、肝静脈という血管を通って心臓に送られます。心臓に送られればあとは全身をかけ巡ることになります。

 

なお、肝臓ではこれらの物質を毒性の低い物質に変換することもありますが、逆に悪性度の高い物質に変えてしまうこともあります。

 

例えば、上記のトリメチルアミンという物質そのものはそれほど悪い物質ではありません。しかし、肝臓でトリメチルアミンオキシドという物質に変換されると動脈硬化を引き起こす悪性度の高い物質になるのです。

 

腐敗物質の一つであるインドールも肝臓でインドキシル硫酸という別の物質に変換されます。この物質は心不全などの心血管系の疾患や腎疾患に関与することが知られています。

 

このように物質が肝臓で変換されることを肝代謝といいます。

 

腸内細菌が作った物質の多くは、肝代謝を受けた後に全身を駆け巡り、腸から離れた部位にも影響を及ぼすのです。ただ、人の体にはこれらの物質を排泄する仕組みも備わっています。

 

腸内細菌が作る物質が排泄される仕組み

腸内細菌が作った物質は全身を駆け巡ったあと腎臓を通過します。腎臓は体の中の老廃物などを尿として排泄する臓器です。腸内細菌が作った物質であっても例外ではありません。基本的には、尿(あるいは糞便)として排泄されると考えて問題ありません。

 

このように、たとえ悪玉菌が腐敗物質を作っていたとしても、血液中にどんどん蓄積していくわけではなく、尿や便として体外に排出されます。しかし、日常的に「悪玉菌>善玉菌」の状態だとすると、どんどん腐敗物質が作られ続ける状態にあります。

 

このような状態では、どんなに腎臓が頑張って排泄していても、次から次へと腐敗物質が血液中に送り込まれるため、決して体に良いとは言えません。

 

そのため、なるべく腸内環境を整え、血液中に送り込まれる腐敗物質の量を減らすことが重要になります。また、血液中に送られる腐敗物質の量が減れば、肌荒れや老化を防ぐことにも繋がります。

 

このように、腸内細菌が作り出す物質は全身を駆け巡るため、腸から離れた臓器や脳にも影響を与えます。そのため、腸内環境を整えることが、腸から離れた臓器の疾病予防や体全体の健康を保つ上で重要です。これを認識した上で、腸内環境を整えることを心がけてみてください。

管理人が厳選したおすすめサプリメント


腸内環境の改善には「食生活」と「生活習慣」を見直すことが重要です。ただ、サプリメントで手軽に済ませたいという要望があるのも事実です。


こちらのページでは、私が厳選したおすすめのサプリメントを紹介しています。

トップ お問い合わせ サプリメント