ページTOPへ

腸内細菌研究者がお届けする『腸』役立つ健康メソッド

アレルギー・腸管免疫

アレルギー・腸管免疫記事一覧

抗生物質は腸内環境を乱して喘息を引き起こす可能性がある

腸内細菌はお腹の中でさまざまな物質を作っています。それらの物質は血流を介して全身を巡るため、腸内細菌は体全体の健康状態に影響します。そのため、腸内環境の悪化がさまざまな疾患の原因になることがあります。例えば、動脈硬化や心血管(心臓の血管)の障害、肝臓がん、自閉症、腎疾患、肥満症などは、腸内環境との関...

≫続きを読む

 

生後100日目までの腸内環境が子供の喘息に関係している可能性

腸内細菌はお腹の中でさまざまな物質を作っています。それらの物質は血流を介して全身を巡るため、腸内細菌は体全体の健康状態に影響します。そのため、腸内環境の悪化がさまざまな疾患の原因になることがあります。動脈硬化や心血管の障害、肝臓がん、自閉症、腎疾患、肥満症などは、腸内環境との関連が指摘されている疾患...

≫続きを読む

 

ビフィズス菌や乳酸菌によるアトピー性皮膚炎「予防」効果

あまり知られていないことですが、腸は「免疫」と密接に関係している臓器です。免疫とは、体内に入ってきた「異物」を排除するための防御機構です。小腸には食事を通して、多くの異物が入ってきます。当然、細菌やウィルスも入ってくることがあります。これらの異物が体内に影響を与えるのを防ぐため、小腸には多くの免疫細...

≫続きを読む

 

乳酸菌によるアトピー性皮膚炎「治療」効果:効かないこともある

腸は「免疫」と密接に関係している臓器です。免疫とは、体内に入ってきた「異物」を排除するための防御機構のことです。小腸には食事を通して、多くの異物(細菌やウィルスなど)が入ってきます。これらの異物が体内へ影響を与えるのを防ぐため、小腸では免疫機能が発達しているのです。そして腸は重要な免疫器官であるため...

≫続きを読む

 

ビフィズス菌による花粉症の症状改善効果

腸は「免疫」と密接に関係している臓器です。免疫とは、体内に入ってきた「異物」を排除するための防御機構のことです。小腸には食事を介して、多くの異物(細菌やウィルスなど)が入ってきます。これらの異物が体内へ影響を与えるのを防ぐため、小腸には免疫機能が発達しているのです。そして腸は重要な免疫器官であるため...

≫続きを読む

 

花粉症の悪化・改善に関係する腸内細菌

腸は「免疫」と密接に関係している臓器です。免疫とは、体内に入ってきた「異物」を排除するための防御機構のことです。小腸には食事を介して多くの異物(細菌やウィルスなど)が入ってくるため、免疫機能が発達しているのです。腸は重要な免疫器官なので、腸内環境は免疫やアレルギー疾患に強く関係します。※ アレルギー...

≫続きを読む

 

花粉飛散前にビフィズス菌を摂取することで花粉症を予防できる

腸内環境の改善は花粉症の症状緩和に有効です。私も重い花粉症に悩まされていましたが、腸内環境を意識した生活をするようになってから、症状が軽くなりました。花粉症はビフィズス菌を摂ることで、症状が改善することがあります。特にビフィズス菌BB536(Bifidobacterium longum BB536)...

≫続きを読む

 

花粉症の発症メカニズムと腸内環境との関係

日本人の4人に1人は花粉症といわれています。また花粉症で悩む人は今後も増え続けると考えられています。私の場合は、高校卒業後に花粉症になりました。それ以降、毎年春になると症状が出るようになりました。ひどいときは、体全体が火照ったようになり、変な汗をかくこともありました。花粉が飛散し始めるとなぜこのよう...

≫続きを読む

 

衛生仮説:清潔な環境がアレルギー疾患の原因になることもある

ここに一つのグラフがあります。これは1900年代後半の「結核あるいは寄生虫に感染した人数」と「アレルギー疾患にかかる人の割合」を表したものです。このグラフから、結核菌などの感染症にかかる人が減るに連れて、アレルギー疾患の患者が増えてきたことが分かります。これには何か理由があるのでしょうか?今回は「衛...

≫続きを読む

 

幼少期における抗生物質の服用はアレルギーの原因になり得る

抗生物質とは、さまざまな細菌を殺す物質のことです。風邪を引いたときや手術の後など、体の免疫力が低下しているときに処方されます。ただ、抗生物質は体に悪影響を及ぼすこともあります。なぜなら、抗生物質は私たちの体に住み着いている体に良い細菌も殺してしまうからです。その中には当然、乳酸菌やビフィズス菌などの...

≫続きを読む

 

アトピーの症状緩和に有効なポリアミンとビフィズス菌LKM512

私たちの腸には、食事を介して多数の細菌やウィルスが入ってきます。そのため、腸のバリア機能が発達しています。特に小腸では、細菌やウィルスを攻撃するための抗体が分泌されたり、多数の免疫細胞が集まっていたりします。また腸管全体では、腸管表面の細胞同士が強く結合していて、腸の内容物が血管に漏れないようになっ...

≫続きを読む

 

善玉菌の功罪:ビオチンの生産・消費とアトピーへの影響

一般的に、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌にはアレルギーの症状を抑える効果があるといわれています。例えば、ビフィズス菌BB536(Bifidobacterium longum BB536)は花粉症の症状を軽減します。また乳酸菌LGG(Lactobacillus rhamnosus GG)は、アトピー...

≫続きを読む

 

トップ お問い合わせ サプリメント