ページTOPへ

腸内細菌研究者がお届けする『腸』役立つ健康メソッド

ビフィズス菌や乳酸菌によるアトピー性皮膚炎「予防」効果

ビフィズス菌や乳酸菌によるアトピー性皮膚炎「予防」効果

あまり知られていないことですが、腸は「免疫」と密接に関係している臓器です。

 

免疫とは、体内に入ってきた「異物」を排除するための防御機構です。小腸には食事を通して、多くの異物が入ってきます。当然、細菌やウィルスも入ってくることがあります。これらの異物が体内に影響を与えるのを防ぐため、小腸には多くの免疫細胞が集まっているのです。

 

そのため、腸内環境は免疫やアレルギー疾患に大きく関係します。

 

※ アレルギー:花粉、ダニ、ほこり、食べ物などを「異物」とみなして、過剰な免疫反応が起こること。花粉症、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などがアレルギー疾患に該当します。

 

そこで今回は、腸内細菌とアトピー性皮膚炎との関係について述べていきます。腸内細菌は、子供のアトピー性皮膚炎に大きく関係しています。そのため、将来子どもを生む可能性のある女性にはぜひ読んで頂きたい内容です。

 

健康な子供とアトピー性皮膚炎の子供の腸内細菌

2000年頃より、健康な子どもとアトピー性皮膚炎の子どもの腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう:腸内細菌全体のバランスのこと)が比較されるようになりました。ここでは、その結果をいくつか紹介します。

 

1999年:Bjorksten先生(スウェーデン)の報告

「アトピー性皮膚炎の2歳児27人」と「健康な2歳児36人」の腸内細菌叢を比較しました。その結果、アトピー性皮膚炎の子どもでは、乳酸菌(Lactobacillus)、ビフィズス菌(Bifidobacterium)が少なく、黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)が多いことが判明しました。

 

2001年:Kirjavainen先生(フィンランド)の報告

「離乳前のアトピー性皮膚炎の赤ちゃん27人」と「健康な赤ちゃん10人」の腸内細菌叢を比較しました。その結果、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんでは、ビフィズス菌が少なく、バクテロイデス(Bacteroides)という種類の細菌が多いことが判明しました。

 

2003年:渡辺先生(帝京大学)の報告

「幼児〜20歳未満のアトピー性皮膚炎患者30人」と「健常人68人」の腸内細菌叢を比較しました。その結果、アトピー性皮膚炎患者ではビフィズス菌が少ないことが判明しました。さらに、アトピー性皮膚炎患者の中でも、ビフィズス菌が少ない人ほど、症状が重いことがわかりました。

 

このようにアトピー性皮膚炎の患者では、お腹の中の乳酸菌やビフィズス菌が少ない傾向にあります。

 

※ 中には「アトピー性皮膚炎患者でビフィズス菌が減っているわけではない」という論文報告(J Allergy Clin Immunol, 2008, 121, 135)もあるため、一概に「アトピー性皮膚炎患者では乳酸菌やビフィズス菌が少ない」と言い切ることはできません。

 

ではビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を摂取すれば、アトピー性皮膚炎の予防に繋がるのでしょうか? この疑問に答える研究成果について以下に述べていきます。

 

乳酸菌LGGによるアトピー性皮膚炎の発症予防効果

2001年、乳酸菌LGG(Lactobacillus rhamnosus GG)によるアトピー性皮膚炎の予防効果に関する研究成果が、医学雑誌「Lancet」に掲載されました。

 

この研究成果は世界中の腸内細菌研究者を驚かせました。そして、「腸内細菌とアレルギー疾患に関する研究」を発展させるきっかけとなりました。その内容について簡単に紹介します。

 

  • アレルギー体質の家族がいる妊婦132人を2つのグループに分けました。
  • 片方のグループ(64人)には、出産予定日2週間前〜出産後6ヶ月の間、乳酸菌LGGを飲んでもらいました。
  • もう片方のグループ(68人)には、乳酸菌LGGを含まない飲み物(プラセボといいます)を同じ期間飲んでもらいました。
  • 出産後赤ちゃんにも母親と同じものを6ヶ月間飲んでもらいました。
  •  

  • 2年後、子供のアトピー性皮膚炎の有無を比較しました。すると、乳酸菌LGGを摂取したグループの子供は64人中15人がアトピー性皮膚炎を発症しました(発症率23%)。一方、プラセボを飲んだグループでは68人中31人でした(発症率46%)。

 

この研究結果から、乳酸菌LGGを摂取することにより、アトピー性皮膚炎の発症率が下がるということがわかりました。

 

さらに4年後や7年後まで追跡調査が行われ、「いずれの年齢においても、乳酸菌LGGを摂取したグループのほうがアトピー性皮膚炎発症率が低い」という結果が得られています。

 

ここまで述べてきたように、乳酸菌やビフィズス菌はアトピー性皮膚炎の発症と密接な関係があります。

 

さらに、母親や赤ちゃんによる乳酸菌LGGの摂取は赤ちゃんのアトピー性皮膚炎予防に効果的です。そのため、もし母親や父親がアレルギー体質であった場合は、妊娠中から乳酸菌LGGを摂取することで、子供のアトピーを予防できる可能性があります。

管理人が厳選したおすすめサプリメント


腸内環境の改善には「食生活」と「生活習慣」を見直すことが重要です。ただ、サプリメントで手軽に済ませたいという要望があるのも事実です。


こちらのページでは、私が厳選したおすすめのサプリメントを紹介しています。

トップ お問い合わせ サプリメント