ページTOPへ

腸内細菌研究者がお届けする『腸』役立つ健康メソッド

腸内環境基礎講座

腸内環境基礎講座記事一覧

腸内細菌バランスと疾病・体調悪化との関係

腸内細菌という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。その名の通り、腸の中にいる細菌のことを腸内細菌といいます。この腸内細菌、お腹の中にいったいどれだけいるかご存知でしょうか?個人差もありますが、私たちのお腹の中には、約500〜1000種類、数にして100兆個以上、重さにして1〜1.5kgの細菌が...

≫続きを読む

 

善玉菌の代表格ビフィズス菌の性質と働き

当たり前のことかもしれませんが、「善玉菌」という名前の細菌が腸の中にいるわけではありません。あくまで「体にとって良い働きをする菌」のことを総称して、わかりやすく表現するために「善玉菌」という言葉が使われています。そして善玉菌の代表格がビフィズス菌です。ビフィズス菌と乳酸菌は混同される場合が多いですが...

≫続きを読む

 

善玉菌である乳酸菌と酪酸菌の特徴とバランス

善玉菌の代表格はビフィズス菌ですが、それ以外にも体に有益な作用をもたらす細菌がいます。それが、乳酸菌や酪酸菌などです。ビフィズス菌は確かに善玉菌の代表格ではありますが、他の善玉菌とのバランスを考えることが健康のためにはより重要です。これは、いくら体に良いからといっても同じ食品ばかりを食べ続けることが...

≫続きを読む

 

便やおならによる健康確認と悪玉菌であるクロストリジウムの特徴

体に有益な作用をもたらす善玉菌とは逆に、体に有害な物質を産生し、体調不良や疾病の原因となる細菌を総称して悪玉菌と呼びます。代表的なものとして、一部のクロストリジウム(Clostridium)や大腸菌(Escherichia coli)が挙げられます。ただし、クロストリジウムや大腸菌にも複数の種類があ...

≫続きを読む

 

病原性大腸菌の特徴とビフィズス菌による感染予防効果

大腸菌(Escherichia coli)は、その名が示すとおり、代表的な腸内細菌の一つです。しかし、一口に大腸菌と言っても、その中にはさまざまな種類の細菌がいます。大腸菌は、病原性大腸菌と非病原性大腸菌の大きく二つに分類することができます。病原性大腸菌の中で最も代表的なものが、ニュースなどでしばし...

≫続きを読む

 

非病原性大腸菌の特徴:善玉菌・悪玉菌・日和見菌の分類における留意点

大腸菌は、病原性大腸菌と非病原性大腸菌の大きく二つに分類することができます。このうち非病原性大腸菌に関しては、既に私たちのお腹に定着している場合が多いです。しかし、病原性大腸菌のような毒素を作らないため、食中毒症状を引き起こすことはありません。病原性大腸菌はその性質から悪玉菌に分類されます。一方で、...

≫続きを読む

 

赤ちゃんの腸内細菌と食生活の影響

私たち成人のお腹には、500〜1000種類、数にして100兆個以上、重さにして1〜1.5kgの腸内細菌がいると言われています。生まれたばかりの赤ちゃんの場合、数はこれほど多くはないですが、それでもお腹の中には腸内細菌が定着しています。では、いったいこの腸内細菌はどこからやってくるのでしょうか?実は腸...

≫続きを読む

 

腸内細菌叢における加齢の影響

私たちの腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう:腸内細菌全体のバランスのこと。腸内フローラともいう。)は母親から譲り受けたものが基礎となっています。そして、日々の食生活の影響を受けて、徐々に独自の腸内細菌叢へと変化していきます。では、毎日同じものを食べていれば、腸内細菌叢は一定に保たれるのでしょうか?答...

≫続きを読む

 

精神的ストレスは腸内環境を悪化させる

大切な会議や試験、スポーツの試合がある日の朝などに、便秘や下痢になった経験はないでしょうか? このような心理的ストレスのかかる状況下では、便通異常が起こることがしばしばあります。これは、脳が受けたストレスが腸に影響しているためです。そのため腸内環境が悪化し、便通異常が生じるのです。現代社会はストレス...

≫続きを読む

 

ビフィズス菌や乳酸菌には精神的ストレスを軽減する効果がある

脳と腸は自律神経、ホルモン、血液などを介して互いに繋がっています。例えば、消化管運動を制御する自律神経は、脳の視床下部という部分でコントロールされています。また、腸の中で作られた物質は血液を介して脳に届きます。※ 自律神経:体の調子を“自動的に”調節してくれる神経のこと。例えば、「汗をかく」「唾液を...

≫続きを読む

 

小腸と大腸の違い

あなたは「腸」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか? 「ぐにゃぐにゃ曲がりくねった臓器」や「栄養や水分を吸収するところ」ということを思い浮かべる人が多いと思います。また、このサイトを読んでいる人であれば「腸内細菌がたくさん住んでいるところ」と答えるかもしれません。腸は十二指腸、小腸、大腸に分かれていま...

≫続きを読む

 

病気が少ない小腸と病気が多い大腸:免疫と腸内細菌の影響

同じ「腸」でも、小腸と大腸にはさまざまな違いがあります。その中でも特徴的なのが、「小腸は病気になりにくく、大腸は病気になりやすい」ということです。これには「免疫」と「腸内細菌」が密接に関わっています。そこで今回は、免疫と腸内細菌が小腸と大腸の病気にどのように関わっているか解説していきます。免疫と腸内...

≫続きを読む

 

病気の予防:遺伝子は変えられないが腸内環境は変えられる

昔に比べて現代の医療技術は大きく進歩しています。1990年代と比較すると、がんの5年生存率は確実に延びています。また、たとえエイズウィルスに感染したとしても、エイズが発症するのを抑え続けることも可能になってきました。このように医療は大きく進歩しています。とはいえ、「病気になっても良い」というわけでは...

≫続きを読む

 

発酵と腐敗の違い

「発酵」も「腐敗」も日常的によく耳にする言葉だと思います。しかし、これらの違いについては意外と知られていません。ここでは、発酵と腐敗の違いと、日常生活における留意点について説明していきたいと思います。「発酵」と「腐敗」の違い発酵も腐敗も、微生物が生育する過程で、食品の風味や色などが変化してしまう現象...

≫続きを読む

 

腸内細菌を正確に理解するための名前(学名)のルール

多くの腸内細菌関連のインターネットサイトを拝見していると、腸内細菌の名前のルールを無視して記載しているサイトが数多くあります。そのため、かえって混乱してしまう場合もあります。例えば、「バクテロイデスは痩せ菌である」というふうに記載されているインターネットサイトが複数あります。間違っているわけではない...

≫続きを読む

 

悪臭に注意:おならの臭いで腸内環境を把握できる

誰しも自分のおならの臭いが気になったことがあるのではないでしょうか? おならが出ない人や無臭のおならしかしないという人はいないと思います。満員電車の中や人と接する場面などで私たちを悩ませるおならですが、実は腸内環境を把握するための重要なバロメーターでもあります。においがきついときは基本的には腸内環境...

≫続きを読む

 

うんちの状態を毎日チェックすることで腸内環境を把握できる

あなたはトイレで排便したあと、自分のうんち(便)をチェックしているでしょうか?実は便をチェックすることで自分の腸内環境をある程度把握することができるのです。ふつう、腸の中を検査するためには「大腸内視鏡検査」や「カプセル内視鏡検査」などの検査を行う必要があります。しかし、これらの検査を毎日行うことはで...

≫続きを読む

 

トップ お問い合わせ サプリメント