腸内細菌研究者がお届けする『腸』役立つ健康メソッド

善玉菌の代表格ビフィズス菌の性質と働き

善玉菌の代表格ビフィズス菌の性質と働き

当たり前のことかもしれませんが、「善玉菌」という名前の細菌が腸の中にいるわけではありません。あくまで「体にとって良い働きをする菌」のことを総称して、わかりやすく表現するために「善玉菌」という言葉が使われています。

 

そして善玉菌の代表格がビフィズス菌です。ビフィズス菌と乳酸菌は混同される場合が多いですが、これらは別々の性質を有する全く異なる細菌であるため、一緒にしないよう注意が必要です。

 

身近なビフィズス菌の例としては、某大手乳製品企業が開発したビフィドバクテリウム・ロングム (Bifidobacterium longum)BB536が挙げられます。またビフィドバクテリウムsp. (Bifidobacterium sp.)も身近なビフィズス菌の一種です。ヨーグルトの中に含まれることが多いため、数ある腸内細菌の中でも、比較的馴染みのある細菌だと思います。

 

ビフィズス菌の性質や体の中での働きを理解できれば、日々の食事で注意すべき点が分かるようになります。そうすることで、効果的にビフィズス菌を摂取して健康に役立てられるようになります。

 

ビフィズス菌の働き

ビフィズス菌はオリゴ糖などの糖類をエサにして酢酸、乳酸、葉酸、ビタミンB類といった体に有益な物質を産生します。また、酪酸菌に働きかけて、免疫機能の制御に重要な酪酸という物質の産生を促します。

 

産生された酢酸や乳酸が腸内を酸性にすることで、病原菌の増殖を防ぐ効果があると考えられています。また、血中コレステロールを下げる作用もあります。

 

これだけでも十分すぎるほど体に有益なのですが、上記以外の働きもいくつか知られています。中でも近年特に注目されているのが、ポリアミンという物質の産生を促すことです。

 

ポリアミンには、炎症抑制、細胞のがん化抑制、腸管バリアの強化(腸管内の成分が血液中に漏れるのを防ぐ)などの作用が知られています。

 

炎症抑制に関連しますが、アトピー性皮膚炎の軽減効果があることも報告されています。また健康な成人に比べて、高齢者ではポリアミンの濃度が極端に低くなっていることから、ポリアミンは腸内環境から健康を整える上で重要な因子であると考えられています。

 

このようにビフィズス菌は体にとって有益な働きをすることが多いため、ヨーグルトなどから積極的に摂取することで体の調子を整えることができます。

 

ビフィズス菌は酸素が嫌い

体にとって良い働きをするビフィズス菌ですが、一点注意しなければいけないことがあります。それは、ビフィズス菌は酸素がある環境下では生育できない偏性嫌気性菌(へんせいけんきせいきん)という種類の細菌だということです。

 

そもそも、「酸素は生物にとって毒である」という認識を持つことが健康を考える上では大事です。ポリフェノールやカテキンという物質が体に良いと言われる理由は、これらが「抗酸化作用」、すなわち酸素に対抗する作用を持っているためです。

 

酸素は生物にとって毒であるため、酸素に弱い細菌も多数存在します。実際、腸内細菌の9割以上はビフィズス菌と同じく偏性嫌気性菌だと言われています。これらの偏性嫌気性菌は、酸素が含まれる小腸にはほとんど存在せず、酸素濃度が低い大腸に多く存在しています。

 

ビフィズス菌にはこのような性質があるため、ビフィズス菌を含むヨーグルトのパッケージにはさまざまな工夫がなされています。例えば、通気性のある紙容器ではなく、プラスチック製の容器が使われることが多いですし、紙製容器の場合でも特殊な加工が施されていることが多いです。

 

「ビフィズス菌は酸素が嫌い」という性質を理解できれば、普段の食事でも注意しなければいけない点がわかってきます。

 

例えば、ビフィズス菌を含むヨーグルトを放置した場合、酸素に触れている部分からビフィズス菌は徐々に死んでいきます。死んだ菌を摂取しても体に有益な作用をもたらすケースも有りますが、生きたまま摂取した場合と比較するとその効果は弱いです。そのため、ヨーグルトを食べるときはこの点に注意する必要があります。

 

このように、善玉菌の代表格として知られるビフィズス菌には、体に有益な働きをもたらす作用が知られています。ただ、ヨーグルトなどその保存方法には注意しなければいけないため、これを理解したうえで腸内細菌バランスを整えるように心がけてみてください。

管理人が厳選したおすすめサプリメント



腸内環境の改善には「食生活」と「生活習慣」を見直すことが重要です。ただ、サプリメントで手軽に済ませたいという要望があるのも事実です。

こちらのページでは、私が厳選したおすすめのサプリメントを紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME お問い合わせ サプリメント