ページTOPへ

腸内細菌研究者がお届けする『腸』役立つ健康メソッド

非病原性大腸菌の特徴:善玉菌・悪玉菌・日和見菌の分類における留意点

非病原性大腸菌の特徴:善玉菌・悪玉菌・日和見菌の分類における留意点

大腸菌は、病原性大腸菌と非病原性大腸菌の大きく二つに分類することができます。このうち非病原性大腸菌に関しては、既に私たちのお腹に定着している場合が多いです。しかし、病原性大腸菌のような毒素を作らないため、食中毒症状を引き起こすことはありません。

 

病原性大腸菌はその性質から悪玉菌に分類されます。一方で、非病原性大腸菌に関しては、「悪玉菌として記載されている書籍」と「日和見菌として記載されている書籍」が混在しています。つまり著者によって見解が異なるのです。

 

なぜこのようなことが起こるのでしょうか? このことを理解するためには、善玉菌・悪玉菌・日和見菌という分類方法の弱点を知る必要があります。

 

腸内細菌バランスを整えて健康を保つためには、このような分類方法についてもある程度知っておくことが役立ちます。そのため、まずは非病原性大腸菌を例に、分類方法について理解していきましょう。

 

非病原性大腸菌の特徴

非病原性大腸菌はエンテロトキシンやベロ毒素といった、病原性大腸菌が産生するような毒物を作りません。そのため、私たちのお腹の中に定着していても食中毒症状を引き起こすことはありません。

 

なお、驚かれるかもしれませんが、腸内細菌全体に占める大腸菌の割合は0.1%以下です。大腸菌という名前から、腸内細菌の大部分を占めると思われるかもしれませんが、実際はかなり少数派になります。

 

しかし少数派であるにも関わらず、人に対してさまざまな作用を示すことが知られています。代表的な働きは、腐敗物質であるインドールやアミンなどを産生し、肌荒れ、老化、生活習慣病などを引き起こすことです。これは、悪玉菌の性質そのものです。

 

しかし中には、ビタミンKやビタミンB6を合成したり、感染症予防に働いたりするなど、人に対して有益な作用をもたらすものもいます。ある意味、善玉菌のような働きをしているのです。

 

このように非病原性大腸菌は、基本的に悪玉菌の性質を有している一方、善玉菌のように人に有益な作用をすることがあります。このため、人によって非病原性大腸菌の分類方法が異なってしまうのです。

 

善玉菌・悪玉菌・日和見菌という分類法の留意点

腸内細菌を、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つに分類することを提唱したのは、東京大学名誉教授の光岡知足(ともたり)先生です。

 

腸内細菌をわかりやすく分類するために、便宜上、「体に良い働きをするものを善玉菌」、「悪い働きをするものを悪玉菌」、「両方の働きをするもの・機能がわからないものを日和見菌」、とする分類方法を考案されました。

 

※ なお、光岡先生ご自身は書籍の中で「大腸菌=悪玉菌」と記載されています。しかし、先生の教え子の一人である辨野義己(べんのよしみ)先生の書籍では「大腸菌=日和見菌」と記載されています。

 

この分類方法を考える上で大事な点は、「善玉菌、悪玉菌、日和見菌という分類方法は、あくまで大雑把に分類する方法であり、厳密に分類することに意味はない」ということです。

 

この点については、「大腸菌=悪玉菌」と記載している光岡先生ご自身も著書「人の健康は腸内細菌で決まる!」の中で以下のように述べられています。

 

(以下p,189より引用)

 

*******************
善と思えるものの中にも悪の要素があり、悪の中にも善の要素があります。たとえば、悪玉菌である大腸菌にもビタミンを合成したり、感染症を防御したりする働きがあります。この面から見れば、一概に悪玉と呼ぶことはできないでしょう。
*******************

 

この文章から、光岡先生ご自身も、「大腸菌=悪玉菌」と単純に分類することはできないと認識されていたことが読み取れます。

 

このように善玉菌・悪玉菌・日和見菌というのは厳密な分類方法ではなく、極めてあいまいな分類方法です。そのため、人によって分類の仕方が異なるのはある意味避けられないと言えます。

 

このことを認識できれば、書籍によって分類方法が異なることも納得できます。善玉菌・悪玉菌・日和見菌の違いを理解する上では大事な考え方になりますので、ぜひ覚えておきましょう。

管理人が厳選したおすすめサプリメント


腸内環境の改善には「食生活」と「生活習慣」を見直すことが重要です。ただ、サプリメントで手軽に済ませたいという要望があるのも事実です。


こちらのページでは、私が厳選したおすすめのサプリメントを紹介しています。

トップ お問い合わせ サプリメント