腸内細菌研究者がお届けする『腸』役立つ健康メソッド

便移植:腸内細菌が移ると肥満も移る

便移植:腸内細菌が移ると肥満も移る

2006年、最も権威ある科学雑誌「Nature」にジェフリー・ゴードン先生の「肥満と腸内細菌に関する論文」が掲載されました。その論文の中でゴードン先生は「腸内細菌が肥満に関わっている」ということを示しました。

 

この論文が発表されて以降、世界中で「腸内細菌と肥満との関係」に関する研究が行われるようになりました。

 

一般的に、このような研究を行う場合はマウスなどの実験動物が使われます。ゴードン先生の論文も、マウスを用いた研究でした。そのため、「腸内細菌が肥満に関係している」ということが人にも当てはまるかどうかまだわかりませんでした。

 

ところが、実際の医療現場において、人においても「腸内細菌が肥満に関係している」ということが示される出来事が起こりました。

 

今回ご紹介するこの例は、実際に米国の臨床現場で起こった出来事です。ここでは、その臨床現場での出来事を確認し、腸内細菌と肥満の関係について理解を深めていきたいと思います。

 

便移植により人が太ることもある

人においても、腸内細菌が肥満に関与しているということが“偶然”示され、2015年、米国感染症学会の機関誌に報告されました。その内容について簡単に述べていきます。

 

米国に体重66kg、BMI 26 の普通体型の32歳女性がいました。彼女は、性器感染症に対する抗生物質治療が原因となって、クロストリジウム・ディフィシル感染症を罹患してしまいました。

 

※ BMI:体重(kg)÷慎重(m)÷身長(m)で算出される肥満度を表す指数。日本では25以上、アメリカでは30以上が肥満とされている。

 

※ クロストリジウム・ディフィシル感染症:抗生物質の使用が原因で罹患する腸疾患。非常に治りにくい病気でしたが、以下に示した「便移植」がかなり有効であることが示されています。

 

そして、彼女は治療のため、便移植を受けることを決意しました。便のドナーとなったのは10歳代の実の娘さんでした。

 

※ 便移植:クロストリジウム・ディフィシル感染症などの腸疾患に対する治療法の一つ。患者の腸内に健康な人の便を移植することにより、患者の腸内細菌バランスを健康なものに変えるという移植療法。該当する英語の頭文字をとってFMT(fecal microbiota transplantation)と略される。

 

便移植の効果は大変素晴らしく、母親の症状は改善しました。ところが、徐々に体に異変が生じたのです。最も顕著な異変が体重増加でした

 

移植からわずか1年4ヶ月後、彼女の体重は11kg増加し、77kgとなりました。またBMI は7ポイント増加して、肥満に該当する33となりました。さらに移植3年後には、体重はさらに増えて80kgに達し、BMIは34.5になりました。

 

このように、便移植を行った後に、体重が着実に増加してしまったのです。さらに、便秘や原因不明の消化不良といった消化管の不調も起こすようになってしまいました。

 

肥満が移った原因とその対策

母親には肥満歴がなかったことから、なぜ便移植後に肥満体質になってしまったのか、いろいろと調べられました。そして、主な原因として「娘が肥満体質であったこと」が挙げられました

 

この例では、「肥満体質である娘の腸内細菌が移植されたため、母親の腸の働きが変化し、その結果、母親も肥満体質になってしまった」と考えることができます。

 

このことは完全に証明されているわけではありません。しかし、消化管の不調も併発していることを考慮すると、娘の腸内細菌が母親の体質に何らかの影響を及ぼしているのはほぼ確実と言えます。

 

臨床現場でこのような例が報告されたのはこれが初めてでした。しかし、この時の教訓があったため、医師らは「便移植のドナー選定には、病歴や健康状態だけでなく、肥満歴も考慮する必要がある」という見解を示しています。

 

このように、人においても腸内細菌と肥満が関与している可能性は極めて高いことが分かりました。今回のケースでは、肥満体質のドナーから取得した便が移植に使われましたが、もしドナーがやせていた場合、患者もやせた可能性があります。

 

このことから、便移植は生活習慣病の治療にも応用できるのではないかと期待されています。つまり、太っている人にやせている人の便を移植することにより、肥満を解消できるのではないかと考えられているのです。

 

ただ、良好な腸内環境を維持できれば、肥満や生活習慣病は予防できると考えられます。そのため、便移植に頼る前に、普段の食生活や生活習慣を見直すことの方が重要です。

管理人が厳選したおすすめサプリメント



腸内環境の改善には「食生活」と「生活習慣」を見直すことが重要です。ただ、サプリメントで手軽に済ませたいという要望があるのも事実です。

こちらのページでは、私が厳選したおすすめのサプリメントを紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME お問い合わせ サプリメント