ページTOPへ

便秘の人の腸内環境は悪化している:腸内環境を改善して便秘を解消しよう

便秘の人の腸内環境は悪化している:腸内環境を改善して便秘を解消しよう

便秘の人の腸内環境は悪化している:腸内環境を改善して便秘を解消しよう

この記事のポイント

 

「便秘の人の腸内環境は悪化している」ということはある程度イメージできると思います。便秘の人はお腹が張っていて、おならも臭いです。おならが臭いということは、腸の中で腐敗物質を作る悪玉菌が増えているということです。

 

一般の書籍やインターネットサイトなどでも「便秘の人のお腹には悪玉菌がうじゃうじゃいる」といった表現で説明されることが多いです。

 

では、実際にどれくらい腸内環境は悪くなっているのでしょうか? また、悪玉菌が「うじゃうじゃ」と記載されていますが、実際にはどの程度増えているのでしょうか?

 

今回は「便秘の人の腸内環境」について、科学的なデータをもとに解説していきます。便秘の人は「腸内環境を改善することが重要」ということを理解できるはずです。

 

 

便秘になるとやせ菌が減ってデブ菌や悪玉菌が増える

ここでは学術論文として発表されているデータを元に、解説を進めていきます。その研究内容を要約すると以下のようになります。(参考文献:Physiol Genomics

 

  • 2週間以上、スムーズに排便できていない人を8名集めました。この人たちを「便秘グループ」とします。
  • 便秘ではない人たちを14名集めました。この人たちを「普通グループ」とします。
  • 「便秘グループ」と「普通グループ」の人たちの腸内細菌を解析しました。

研究の概要

 

腸内細菌を解析した結果、下図のとおり、便秘グループではやせ菌が減ってデブ菌や悪玉菌が増えていることがわかりました。

 

腸内フローラの比較(便秘ではない人 vs 便秘の人)

(参考文献「Physiol Genomics」の図を一部編集)

 

この図では腸内細菌を4つのグループ(やせ菌、デブ菌、アクチノバクテリア、悪玉菌)に分類しています。それぞれの特徴は次のとおりです。

 

特徴 正式名称
やせ菌 やせている人に多い腸内細菌 バクテロイデス
デブ菌 太っている人に多い腸内細菌 ファーミキューテス
アクチノバクテリア

ビフィズス菌が含まれるグループ。
ビフィズス菌以外にもさまざまな細菌が含まれる。

アクチノバクテリア
悪玉菌 体に悪い腸内細菌 プロテオバクテリア

 

先程の図を見ると、便秘の人ではやせ菌が減って、デブ菌・アクチノバクテリア・悪玉菌が増えています。やせ菌が減ってデブ菌や悪玉菌が増えているので、腸内環境は悪化していることがわかると思います。

 

便秘の人の腸内フローラ

 

また、この論文では、デブ菌の中でも特に「糖尿病と関係のある腸内細菌が増えている」と書かれていました。便秘だからといって必ずしも糖尿病になるわけではありませんが、病気に関係する悪玉菌が増えているのは間違いなさそうです。

 

このように、便秘の人では便秘でない人に比べて、腸内環境は確実に悪化しているのです。

 

便秘になるとビフィズス菌が激減する

ここまでの説明で、「便秘の人の腸内環境は確実に悪化している」ということがわかったと思います。

 

ただ、なかには「アクチノバクテリア」が気になる人がいるかもしれません。上述のとおり、アクチノバクテリアにはビフィズス菌(善玉菌)が含まれます。そのため、「便秘の人ではビフィズス菌(善玉菌)が増えているので、腸内環境は悪くなっていないのでは?」と思うかもしれません。

 

ただ結論を言うと、アクチノバクテリアは増えていてもビフィズス菌は増えていません。アクチノバクテリアに属するビフィズス菌以外の菌が増えているだけなのです。

 

アクチのバクテリアの内訳

 

具体的には、ビフィズス菌は約1/4に減っています。このことは、別の学術論文ですでに発表されているのです。(参考文献:J Neurogastroenterol Motil

 

ビフィズス菌はお腹の中でもっとも代表的な善玉菌です。その善玉菌が1/4に減っていることからも腸内環境が確実に悪化していることがわかります。

 

以上をまとめると、便秘の人では「やせ菌が減っている」「デブ菌と悪玉菌が増えている」「ビフィズス菌が1/4に減っている」という変化があります。そのため、腸内環境は間違いなく悪化しているのです。

まとめ

  • 便秘の人のお腹の中では、「やせ菌の減少」「デブ菌や悪玉菌の増加」「ビフィズス菌の減少」などの変化が認められる。
  • 便秘の人はそうでない人に比べて確実に腸内環境が悪化している。

 

腸内環境の悪化は将来的に体の不調を招く可能性があります。したがって、便秘はなるべく早く解消したほうがよいでしょう。

 

便秘を解消するためには、食事や生活習慣を改善することが重要です。そのためのヒントは当サイト「腸内環境ラボ」で紹介しているので、他の記事からも情報を学び取って普段の生活に役立ててみてください。また、ファスティングを利用して腸内環境を改善することも有効です。

 

いずれにしても、便秘は放置せずに早めに対処するようにしましょう。そして、一日も早く良好な腸内環境を取り戻してください。そのために、当サイトの内容が役立つのであれば私としても大変うれしいです。

おすすめサプリメント


腸内環境の改善には「食生活」と「生活習慣」を見直すことが重要です。ただ、サプリメントで手軽に済ませたいという要望があるのも事実です。


こちらのページでは、私が厳選したおすすめのサプリメントを紹介しています(いちおう真面目に厳選しています)。

関連ページ

働く女性に多い慢性的な便秘と薄い危機感
意外とあいまいな便秘の定義
便秘の種類:病気や生活習慣が原因で引き起こされる便秘
運動不足の人に多い「ぜん動不全型の便秘」
便意を我慢してしまう人に多い「直腸・肛門型の便秘」
まじめな人や不規則な生活をする人に多い「ストレス型の便秘」
女性に多い「ダイエット」が原因の便秘
真夏と真冬は便秘に注意
女性や高齢者が便秘になりやすい理由とその対策
不溶性食物繊維の過剰摂取は便秘を悪化させることがある
夕食時のお酒と就寝前の水分補給は便通に影響する
朝に便意を生じやすい理由と便秘予防に効果的な朝の過ごし方
就寝前の食事はモチリンの働きを弱くして便秘を招く
睡眠不足は便秘の原因:その理由と4つの予防策
便秘と大腸がんの関係:大腸がんの実態と厚生労働省の調査
むくみと便秘の関係:むくみ対策は便秘解消に繋がる
下剤を使用する際の注意点:便秘の正しい対処法
下剤の種類:刺激性下剤と機械性下剤
下剤の種類:新しいタイプの下剤
日本と欧米の便秘治療:患者にも正しい知識が必要
宿便の定義:腸壁にこびり付く便は存在しない
便秘のときの考え方と便秘解消のポイント
便秘体質が親から子に伝わる要因:遺伝と生活習慣の影響
便秘と下痢を繰り返すときは過敏性腸症候群の可能性が高い
慢性的な便秘は切れ痔やいぼ痔の原因になる:痔の種類と対処法
慢性的な便秘の人は口からメタンガスを出している
乳幼児の便秘:原因と対策
小学生以降の子供の便秘:原因と対策
妊婦が便秘になりやすい理由とその対処法
便秘の人が外食するときに注意しておくこと
オリーブオイルが便秘に効く理由と摂取するときの注意点
高齢者の便秘:原因・注意点・対処法

トップ プロフィール セミナー講師の依頼 お問い合わせ