ページTOPへ

腹痛・下痢・便秘などの症状で現代人を悩ませる過敏性腸症候群

腹痛・下痢・便秘などの症状で現代人を悩ませる過敏性腸症候群

腹痛・下痢・便秘などの症状で現代人を悩ませる過敏性腸症候群

この記事のポイント

 

ストレスは腸の働きや腸内環境を乱して下痢や便秘などを引き起こします。なぜなら、脳と腸は密接につながっているからです。このような脳と腸の関係を「脳腸相関」といいます。

 

 

そして、現代のようなストレス社会では、便秘や下痢などの症状に悩む人がたくさんいます。今回はその中でも特に「現代病」と呼ばれる「過敏性腸症候群」について解説していきます。

 

 

過敏性腸症候群とは?

過敏性腸症候群とは「検査では異常が見つからないにも関わらず、腹痛や下痢、便秘などの症状が慢性的に続く症状のこと」です。

 

過敏性腸症候群になると、電車に乗っていても急にお腹が痛くなってしまい、途中下車してトイレに駆け込むことが多くなります。急行電車に乗るのを嫌がる人が多いことから、別名「各駅停車症候群」とも呼ばれています。

 

特に、精神的に何らかのストレスがかかるときに、このような症状が出やすくなります。例えば、通勤途中や大事な会議の前などです。

 

過敏性腸症候群の特徴

 

実際、朝の通勤ラッシュの時間帯には、都内駅構内のトイレに長蛇の列ができています。全員が過敏性腸症候群というわけではないと思いますが、出勤途中に腹痛や下痢に見舞われるサラリーマンが多いのは事実なのです。

 

また、トイレの混雑を緩和するために、都内駅構内のトイレマップが書籍化されていたりスマートフォンのアプリとして開発されていたりしています。通勤途中の急な腹痛に悩まされる人には重宝されているようです。

 

トイレマップの書籍:ピンチ!マップ東京

 

トイレマップのアプリ:トイレ情報共有マップくん

トイレ情報共有マップくん

 

過敏性腸症候群の主な原因は精神的ストレス

過敏性腸症候群の主な原因は、ストレスや不安などの精神的なものです。実際、神経質な人、真面目な人、責任感の強い人は過敏性腸症候群になりやすいようです。このような性格の人ほど日常的にストレスを受けやすいからです。

 

また、現代のようなストレス社会では、過敏性腸症候群の症状に悩む人が増えています。実際、消化器内科を訪れる患者のうち、もっとも多い症例がこの過敏性腸症候群だと言われているほどです(私の友人にも過敏性腸症候群に悩んでいる人が数名います)。

 

過敏性腸症候群は4つの型に分類される

日本消化器病学会によると、過敏性腸症候群は以下の4つの型に分けられます。

 

<過敏性腸症候群の4つの型>

特徴
下痢型 症状として「下痢」が頻発する。男性に多い
便秘型 症状として「便秘」が頻発する。女性に多い
混合型 便秘と下痢が繰り返される。
分類不能型 上記のいずれにも分類されない。

 

下痢型の場合は急な腹痛を伴うことも多いです。そのため、トイレットペーパーを常に持ち歩く人もいるほどです。また便秘型の場合は、お腹の張りやガスだけでなく、肌荒れや疲労感などに悩まされることになります。

 

このように、過敏性腸症候群になると日常生活にさまざまな支障をきたしてしまいます。そのため、腹痛・下痢・便秘などの症状が慢性的に続く場合は、医療機関を受診したり食生活を見なおしたりするなどの対策が必要になります。

 

 

医療機関を受診しても、生活習慣やストレスへの対応が改善されないと、症状が収まらない可能性もあります。そのため、自身で生活習慣を見直し、ストレスを軽減することも大切なのです。

 

まとめ

  • 検査では異常が見つからないにも関わらず、腹痛や下痢、便秘などの症状が慢性的に続く症状のことを「過敏性腸症候群」という。
  • 過敏性腸症候群の主な原因はストレスである。
  • 男性は「下痢型」、女性は「便秘型」の症状が現れやすい。

 

今回は過敏性腸症候群の概要について述べてきました。過敏性腸症候群に悩む現代人は多いです。過敏性腸症候群になると日常生活にも支障をきたすことがあるので、症状を緩和するためにも、医療機関を受診したり生活習慣を改善したりするようにしましょう。

おすすめサプリメント


腸内環境の改善には「食生活」と「生活習慣」を見直すことが重要です。ただ、サプリメントで手軽に済ませたいという要望があるのも事実です。


こちらのページでは、私が厳選したおすすめのサプリメントを紹介しています(いちおう真面目に厳選しています)。

関連ページ

抗生物質を服用するときは「菌交代症」に注意
抗生物質起因性出血性大腸炎(AAHC)の特徴と発症メカニズム
クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)の特徴と発症メカニズム
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌腸炎(MRSA腸炎)の特徴と発症メカニズム
驚異の治療法「便移植」がクロストリジウム・ディフィシル感染症克服の鍵
「便移植」が開拓する新たな治療戦略
急性胃腸炎が過敏性腸症候群の原因になることもある
ビフィズス菌は過敏性腸症候群の症状を軽くする
低FODMAP(フォドマップ)食は過敏性腸症候群の症状を軽くする
特定疾患に指定される潰瘍性大腸炎の特徴
潰瘍性大腸炎の発症に関係している腸内細菌
ビフィズス菌や酪酸菌などの善玉菌は潰瘍性大腸炎の症状を改善する
特定疾患に指定されるクローン病の特徴
クローン病の発症に関係している腸内細菌
クローン病における善玉菌の効果
炎症性腸疾患の発症や治療に関係している炎症性サイトカイン
炎症性腸疾患における治療戦略
酪酸菌による免疫抑制作用は炎症性腸疾患の症状を緩和する
クロストリジウムの中には炎症性腸疾患に有効な細菌がいる
大腸がんが増加している理由:食の欧米化と腸内細菌の関与
大腸がんの原因物質「コリバクチン」と大腸がんの予防
便潜血検査の方法と陽性判定が出たときの考え方
血便が出る原因と対処法

トップ プロフィール セミナー講師の依頼 お問い合わせ