ページTOPへ

腸内細菌研究者がお届けする『腸』役立つ健康メソッド

セミナー開催実績

セミナー開催実績

概要

2018年2月10日(土)に横浜市の笠間地域ケアプラザで開催された市民公開講座の講師を担当させて頂きました。講座には50歳以上の一般の方が約50名参加してくださいました。

 

当初、定員は30名に設定していましたが、参加希望者が予想以上に多かったため、急遽定員を50名に増やすこととなりました。また、私が会場に入ったのは講座開始の約45分前でしたが、このときすでに数名の参加者が最前列に陣取っていました。

 

このようなことから、「腸内環境と健康」というテーマに非常に大きな関心が寄せられていることを改めて実感しました。実際、写真のとおり開始時間になると会場は満員になりました。

 

セミナー開催実績(笠間地域ケアプラザ)

 

講座の内容

「腸内環境と健康」というテーマで、比較的幅広い内容について説明しました。約90分間の講演(休憩10分)の後に、30分間の質疑応答を行いました。

 

セミナー開催実績(笠間地域ケアプラザ)

 

「腸内環境が関係する体の不調」のパートでは、腸内環境は腸だけではなく体全体の調子に影響することを強調しました。腸内細菌が作った物質は腸から吸収された後、血液を介して全身を巡るからです。このパートでは、特に「便秘」「大腸がん」「花粉症」「肥満」「ストレス」をピックアップして、少し詳しく解説しました。

 

また、「腸内環境の改善方法」のパートでは、もっとも重要な食生活の説明に多くの時間を割きました。善玉菌、オリゴ糖、食物繊維などについて説明した後、日本人が特に不足している水溶性食物繊維に焦点を当てて、その重要性を解説しました。

 

心がけたこと

一般の方が参加者なので、説明する際はなるべく簡単な表現を使うよう心がけました。ただ一部の内容に関しては、研究者の視点から説明することも意識しました。一般の方にも研究の世界に少しだけ触れてほしかったからです。

 

例えば、「腸内環境と肥満」や「腸内環境の改善に必要な期間」に関しては、「Science」や「Nature」などの超一流科学雑誌の内容を引用して簡単な表現で説明しました。以下の動画ではNatureに掲載された論文をかなりかみ砕いて説明しています。

 

 

また、参加した皆さんが日々の食生活にすぐに応用できるよう、簡単なレシピを紹介しました。このレシピは、普段料理をしない私でも作れるごく簡単なものです。

 

以下の動画は「納豆+キムチ+玉ねぎのみじん切り」のレシピを紹介している様子です。ここは笑いが取れてよかったです。

 

 

参加者から頂いた質問や感想など

質疑応答の時間だけではなく休憩時間中や講座終了後にも非常にたくさんの質問を頂きました。個別の質問についてはここでは紹介しませんが、答えるのが難しい質問もあったため、頭を悩ませる場面もありました。

 

質疑応答の中では、特に「肥満と腸内環境」への関心が強いように感じられました。そのため、資料は用意していませんでしたが、一流科学雑誌「Nature communications」に掲載された東京農工大・木村郁夫先生の研究成果をもとに少し詳しく説明しました。また、木村先生が出演されていたテレビ番組の内容にも簡単に触れました。

 

アンケートを拝見したところ、私が強調した「水溶性食物繊維の重要性」について、多くの参加者に理解してもらえたと感じました。また、研究の世界に触れたことにもご好評を頂きました。

 

私自身は腸内環境が健康へ与える影響については、比較的広く深い知識があると自信を持っていました。ただその一方で、食事や栄養学に関する知識に関してはまだ不十分な点もあります。今後はこれらの分野についてよりいっそう知識を深めていきたいと改めて認識しました。

 

今回、このような機会を頂いた笠間地域ケアプラザの浅間様をはじめ、参加者の皆さまには深く感謝いたします。


トップ プロフィール サービスメニュー サプリメント お問い合わせ