ページTOPへ

善玉菌の代表格「ビフィズス菌」の性質と「乳酸菌」との違い

善玉菌の代表格「ビフィズス菌」の性質と「乳酸菌」との違い

善玉菌の代表格「ビフィズス菌」の性質と「乳酸菌」との違い

この記事のポイント

 

私たちのお腹の中には100兆個以上もの腸内細菌がいます。その中でも体に良い働きをする腸内細菌を総称して「善玉菌」といいます。

 

そして、善玉菌の代表格が「ビフィズス菌」です。また、「乳酸菌」も重要な善玉菌になります。ビフィズス菌と乳酸菌は混同されがちですが、これらは性質の異なる別々の菌なのです。

 

今回は、代表的な善玉菌であるビフィズス菌の性質について解説していきます。また、乳酸菌との違いについても簡単に紹介します。

 

ビフィズス菌の性質を理解すれば、日々の食事で注意すべきことがわかります。そうすることで、効果的にビフィズス菌を摂取して健康に役立てられるようになるでしょう。

 

 

ビフィズス菌の形:分岐していることがある

まずはビフィズス菌の見た目を確認しておきましょう。ビフィズス菌はとても重要な善玉菌なので、「気持ち悪い」とか言わずに一度見てくださいね。

 

ビフィズス菌の写真

(参照:ヤクルト中央研究所 菌の図鑑

 

ビフィズス菌(ブレーベ種)は赤ちゃんのお腹の中にたくさんいるビフィズス菌です。また、ビフィズス菌(ロンガム種)は赤ちゃんから大人までさまざまな人のお腹の中にいます。

 

このように、ビフィズス菌にはさまざまな種類があるのです(犬が柴犬、ブルドッグ、トイプードル、、と何種類にも分かれているのと同じです)。

 

そして、これらのビフィズス菌の中には、V字状やY字状に分岐(枝分かれ)したものがいます。上の写真の中にも分岐したものが見つかると思います。このように、「分岐することがある」というのはビフィズス菌の大きな特徴です。

 

一方、乳酸菌は丸または細長い棒状の形をしています。乳酸菌はビフィズス菌のように分岐することはないのです。

 

ちなみに、当サイト「腸内環境ラボ」のロゴマークにもなっている下記のキャラクターはビフィズス菌と乳酸菌をイメージしたものになります。

 

ビフィズス菌と乳酸菌

 

ビフィズス菌が作る物質:酢酸と乳酸

ビフィズス菌はオリゴ糖などの糖分をエサにして酢酸(さくさん:お酢の成分)や乳酸(ヨーグルトの成分)などの体に良い物質を作ります。

 

「酢酸」や「乳酸」という物質にはあまり馴染みがないかもしれませんね。これらは、腸の中で病原菌が繁殖するのを防いだり、血液中のコレステロールを下げたりしてくれる物質なのです。

 

このように、ビフィズス菌は酢酸や乳酸などを作ることで、体に良い影響を与えているのです。一方、乳酸菌は酢酸をあまり作りません。乳酸菌が作る物質は主に乳酸なのです。

 

ビフィズス菌と乳酸菌が主に作る物質

 

また、ビフィズス菌が作る酢酸を使って、酪酸菌(らくさんきん)が「酪酸」という物質を作ることがあります。酪酸も体によい物質で、免疫の調節などを行ってくれます。

 

さらに、ビフィズス菌が作る酢酸や乳酸に反応して、別の腸内細菌が「ポリアミン」という物質を作ります。ポリアミンも体によい物質で、炎症を抑制したりアトピーの症状を軽くしたりしてくれます。

 

つまり、「ビフィズス菌が他の腸内細菌に働きかけて、体によい物質を作らせている」と言い換えることができるのです。

 

ビフィズス菌による酪酸とポリアミンの酸性促進

 

その他に、ビフィズス菌はビタミンB類やビタミンKなども作っています。

 

このように、ビフィズス菌は他の腸内細菌とも協力しながら、体によい物質をたくさん作っています。そのため、ヨーグルトやサプリメントなどからビフィズス菌を摂取することで体の調子を整えることができるのです。

 

ビフィズス菌を摂取するときの注意点:ビフィズス菌は酸素が嫌い

意外に思うかもしれませんが、ビフィズス菌は酸素があると生きることができません。このような性質の細菌を専門用語で「偏性嫌気性菌」(へんせいけんきせいきん)といいます。

 

そもそも、酸素は生物にとって毒です。ワインや緑茶に含まれる「ポリフェノール」が体に良い理由は、ポリフェノールに抗酸化作用(酸素に抵抗する作用)があるからです。このことからも「酸素は体に悪い(=毒)」ということがイメージできると思います。

 

このように、酸素は生物にとって毒なので、酸素に弱い細菌もたくさんいます。実際、腸内細菌の9割以上はビフィズス菌と同じく酸素があると生きられないのです。

 

このような偏性嫌気性菌は、必然的に酸素のないところで生活しています。つまり、大腸です。腸の中でも小腸には酸素が残っていますが、大腸は酸素がほとんどないのです。

 

ビフィズス菌の生息場所

 

ビフィズス菌にはこのような性質があるため、ビフィズス菌を含むヨーグルトのパッケージにはさまざまな工夫がなされています。例えば、通気性のある紙容器ではなく、プラスチック製の容器が使われることが多いです。また、紙容器の場合でも特殊な加工が施されていることが多いです。

 

ビフィズス菌を含むヨーグルトの容器

 

「ビフィズス菌は酸素があると生きられない」という性質を知っておけば、普段の食事で注意すべきことがわかってくると思います。

 

例えば、ビフィズス菌を含むヨーグルトを放置した場合、酸素に触れている部分からビフィズス菌は少しずつ死んでいきます

 

死んだビフィズス菌が体に良い働きをすることもありますが、生きたビフィズス菌に比べるとその効果は弱いです。そのため、ビフィズス菌入りのヨーグルトを食べるときは、なるべく酸素に触れた状態で放置しないようにしましょう。

 

一方、乳酸菌は酸素があってもなくても生きられます。そのため、乳酸菌は酸素のない大腸だけでなく、酸素がある小腸にもいます。また、漬物、野菜、果物など自然界にもたくさん存在しています。

 

乳酸菌の生息場所

 

このように、ビフィズス菌と乳酸菌は酸素に対する性質が異なるため、生息場所はまったく異なるのです。

 

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

最後にビフィズス菌と乳酸菌の違いを簡単にまとめておきます。

 

ビフィズス菌

乳酸菌


分岐状(V字・Y字)
棒状

球状

棒状

主な生産物質

酢酸

乳酸

乳酸

酸素に対する性質

酸素があると生きられない

酸素があっても生きられる

主な生息場所

大腸

大腸
小腸
自然界

 

まとめ

  • ビフィズス菌は主に酢酸、乳酸、ビタミンなどを作っている。また、他の腸内細菌に働きかけて酪酸やポリアミンなどの物質を作らせている。これらはいずれも体に良い物質である。
  • ビフィズス菌は酸素があると生きられない。そのため、ビフィズス菌を含む食品を食べるときは、なるべく酸素に触れた状態で放置しないほうがよい。
  • ビフィズス菌と乳酸菌は性質が異なる別々の菌である。

 

今回は、善玉菌の代表格であるビフィズス菌の性質について乳酸菌と比較しながら解説してきました。「ビフィズス菌を摂取することで腸内環境がよくなる」ということが理解できたと思います。

 

ビフィズス菌はヨーグルトやサプリメントなどから簡単に摂取できます。今日からあなたも腸内環境を意識した食生活を始めてみてはいかがでしょうか?

 

おすすめサプリメント


腸内環境の改善には「食生活」と「生活習慣」を見直すことが重要です。ただ、サプリメントで手軽に済ませたいという要望があるのも事実です。


こちらのページでは、私が厳選したおすすめのサプリメントを紹介しています(いちおう真面目に厳選しています)。

トップ プロフィール セミナー講師の依頼 お問い合わせ