ページTOPへ

禁煙による体重増加には腸内細菌の変化が関係している

禁煙による体重増加には腸内細菌の変化が関係している

禁煙による体重増加には腸内細菌の変化が関係している

この記事のポイント

 

「禁煙すると太る」という話を聞いたことはないでしょうか? 私自身はタバコを吸いませんが、知り合いの愛煙家も同じようなことを言っていました。

 

禁煙で太ってしまう理由には、「禁煙によるイライラを解消するためについ食べてしまう」、「禁煙で口が寂しくなるためついお菓子に手が伸びる」、「ニコチンによる基礎代謝の刺激がなくなる」などがあります。

 

さらに、「禁煙によって腸内細菌バランスが変化して体重が増加する」ということもわかってきました。

 

太ることを気にして、禁煙に踏み切れない女性も多いと聞きます。しかし、腸内細菌が関与しているのであれば、対策を立てることも可能です。ここでは、禁煙後の体重増加に腸内細菌がどう関与しているか解説していきます。

 

 

タバコをやめると体重が増える

「禁煙による体重増加には腸内フローラ(腸内細菌全体のこと)の変化が関係している」ということが医学雑誌「PLOS ONE」に発表されました。ここでは、その内容について簡単に紹介します。(参考文献:PLoS One, 2013, Vol.8, e59260

 

参考文献によると、タバコをやめた人の約80%が、平均7〜8kg 太るとされています。中には、食べる量を減らしても太る人がいます。このことから、禁煙による体重増加には、食事以外の原因があると考えられています。

 

そこで、禁煙前後で食事内容や腸内フローラがどのように変化したか調査されました。概要は以下のとおりです。

 

  • 調査対象は20名:非喫煙者5名、喫煙者5名、禁煙し始めた人10名
  • 9週間のカロリー摂取量、摂取した栄養素、体重の変化、腸内フローラの変化を解析した。

 

調査の結果、禁煙し始めた人10名は、禁煙後8週間で平均 2.2kg 体重が増えました。しかも、禁煙前後で摂取カロリーや栄養素などにほとんど差はありませんでした。

 

このことから、体重増加の原因は食事以外にあると考えられました。実際、禁煙前後で腸内フローラが「肥満型」に変化していることが確認されたのです。

 

「肥満型」の腸内フローラとは?

「肥満型」の腸内フローラを理解するために、まずは腸内細菌の分類について説明しておきます。

 

私たちのお腹の中には100兆個以上もの腸内細菌がいます。それらの腸内細菌は大きく4つのグループに分類することができます。やや専門的ですが、「バクテロイデス」「ファーミキューテス」「プロテオバクテリア」「アクチノバクテリア」という4グループです。

 

※ 1億人以上の日本人を「血液型がA型の人」「B型の人」「O型の人」「AB型の人」の4つのグループに分類するようなイメージです。

 

腸内細菌の「門」レベルでの分類

 

この4グループのうち、バクテロイデス(やせ菌)とファーミキューテス(デブ菌)のバランスを確認することで、「肥満型」か「やせ型」かがわかります。

 

端的にいうと、ファーミキューテス(デブ菌)が多いと「肥満型」、バクテロイデス(やせ菌)が多いと「やせ型」の腸内フローラということになります。

 

肥満型とやせ型の腸内フローラ

 

以上を踏まえた上で、禁煙によって腸内フローラがどのように変わったか確認してみましょう。

 

禁煙によって腸内フローラは「肥満型」になる

タバコをやめて4週間後、禁煙前と比べて明らかに腸内フローラが変化しました。下図のとおり、ファーミキューテス(デブ菌)が急増し、バクテロイデス(やせ菌)が減少したのです。

 

禁煙による腸内フローラの変化

(参考文献「PLoS One」の画像を一部編集)

 

なお、多くのインターネットサイトでは、「禁煙でバクテロイデスが増える」と書かれています。最初に報じたニュースサイトが間違えていたため、そのような誤った情報が広がったと思われます。正しくは上図のとおり、「禁煙でファーミキューテス(デブ菌)が増える」です。

 

腸内フローラが「肥満型」になるのを防ぐ方法

ここまで述べてきたように、禁煙によって腸内フローラが肥満型に変化するため、体重が増えている可能性があります。したがって、禁煙後の肥満を防ぐためには、腸内フローラを健全に保ち、肥満型にならないようにすることが重要です。

 

そのためには、脂質の摂取量を減らし、食物繊維やオリゴ糖などをしっかり摂ることが重要です。

 

ここでは詳しい説明は省きますが、脂質の摂りすぎはデブ菌の増加につながります。また、食物繊維やオリゴ糖などを摂取することで、ビフィズス菌などの善玉菌ややせ菌を増やすことができます。

 

また、酪酸菌という善玉菌を摂取することも有効です。酪酸菌は短鎖脂肪酸という成分をお腹の中で作って、肥満予防に働くからです。

 

 

もしあなたがタバコをやめる場合は、肥満を防ぐためにも腸内細菌バランスを整えることを心がけてみて下さい。

 

まとめ

  • 禁煙すると体重が増えてしまう人が多い。
  • 禁煙すると腸内フローラが「肥満型」に変化する。そのため、体重が増えると考えられている。
  • 禁煙による体重増加を防ぐためには、脂質の摂取量を少なくし、食物繊維、オリゴ糖、酪酸菌などを摂取することが重要である。

 

最後に述べたとおり、「脂質の摂取量を減らす」「食物繊維、オリゴ糖、酪酸菌などを摂取する」というのは、肥満予防やダイエットを成功させる上でとても大切です。禁煙する場合においても、これらの食生活を心がけることで、体重の増加を防ぐことができるはずです。

 

管理人が厳選したおすすめサプリメント


腸内環境の改善には「食生活」と「生活習慣」を見直すことが重要です。ただ、サプリメントで手軽に済ませたいという要望があるのも事実です。

下記のページでは、私が厳選したおすすめのサプリメントを紹介しています。


>> 乳酸菌・ビフィズス菌のサプリメントはこちら


>> 酪酸菌のサプリメントはこちら


トップ プロフィール セミナー講師の依頼 お問い合わせ